庭瀬城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
logo
庭瀬城
岡山県
清山神社と堀
清山神社と堀
別名 芝場城、庭瀬陣屋
城郭構造 平城
天守構造 なし
築城主 三村元親
築城年 戦国時代
主な改修者 戸川達安
主な城主 戸川達安板倉勝喜
廃城年 明治2年(1869年
遺構 石垣、堀
指定文化財 なし
位置 北緯34度38分34.54秒 東経133度50分56.92秒 / 北緯34.6429278度 東経133.8491444度 / 34.6429278; 133.8491444座標: 北緯34度38分34.54秒 東経133度50分56.92秒 / 北緯34.6429278度 東経133.8491444度 / 34.6429278; 133.8491444
地図
庭瀬城の位置(岡山県内)
庭瀬城
庭瀬城
庭瀬城跡の碑

庭瀬城(にわせじょう)は、岡山県岡山市北区にある城跡である。戦国時代に築城されたが、江戸時代初頭に廃城となり、同地の二之丸に庭瀬藩庁を設け、庭瀬陣屋(にわせじんや)となった。別名芝場城(しばのじょう)。

歴史[編集]

戦国時代[編集]

備中国の三村元親が、備前国宇喜多氏の侵攻に備える為に築かせたと伝えられている。

天正10年(1582年) 羽柴秀吉備中高松城水攻めの際に、毛利方の国境防備の城「境目七城」の一つとなり、城主の井上有景が800余人を率い守備する。この際、位置的に孤立した場所にあったため、吉川元春小早川隆景に早々に撤退するように下命されていたが、有景はその命令に背き、秀吉軍との間で激戦が交わされた。有景の軍勢は秀吉に敗れ、宇喜多氏の領有となり、しばらくの間無城主となる。

当時の庭瀬城の縄割りは現在の撫川城まで有ったと伝えられており、かなりの規模であった事が想像できる。

江戸時代[編集]

慶長6年、宇喜多氏の重臣であった戸川達安が入城、庭瀬藩を立藩し、城を改修。城を廃して二の丸に藩庁を設置し、庭瀬陣屋として整備。そして陣屋と鴨方往来周辺に陣屋町を造成した。

延宝7年、4代目藩主戸川安風が僅か9歳で早世し戸川氏は断絶、改易となった。その後20年間は倉敷代官所藩主が支配するようになる。

元禄12年板倉重高が2万石で入封し、江戸時代の終わりまで約170年間支配した。

寛政5年板倉勝喜は城内に板倉氏中興の祖重昌重矩父子を祭る清山神社を建て、社内に歴代の遺品を収蔵した。

明治時代[編集]

立成寺に表門が移築された。

近隣施設[編集]

アクセス[編集]

関連項目[編集]