常盤司郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ときわ しろう
常盤 司郎
生年月日 6月25日
出生地 日本の旗 日本 福岡県
職業 映画監督
ジャンル 映画
事務所 パシフィックボイス
公式サイト 常盤司郎オフィシャルサイト
主な作品

『クレイフィッシュ』
『皆既日食の午後に』

『FILM KILLER STREET-Director’s cut-』
テンプレートを表示

常盤 司郎(ときわ しろう、6月25日 - )は、日本映画監督脚本家

来歴・人物[編集]

福岡県筑豊地区[1]に生まれる。幼少期より映画音楽を聴いて育ち、映画監督を志し上京[2]。 2005年、映画「落下距離・百三十センチ・鳥」(劇場未公開)を自主制作で発表し、第9回プチョン国際映画祭に正式招待される[3]
2006年、サザンオールスターズ初のドキュメントムービー「FILM KILLER STREET-Director’s cut-」を監督。7年ぶりのアルバムが作られるまでを繊細にとらえたドキュメントが話題を呼び、オリコンランキング週間DVDランキング1位となる[4]
2010年、短編映画「クレイフィッシュ」でショートショートフィルムフェスティバル2010のミュージックShortクリエイティブ部門にて最優秀賞と観客賞を開催初のダブル受賞[5]、新・鎌倉映像フェスティバル(審査員長:大林宣彦)で最優秀作品賞を受賞。続く短編映画「皆既日食の午後に」(出演:濱田龍臣新井浩文南沢奈央田口トモロヲ)では2011年の同映画祭でプレミア上映され大きな話題となり、その後ギリシャ国際短編映画祭インターナショナル部門・作品賞にノミネートされるなど世界9カ国の国際映画祭に正式招待される[6]
映画、CM、ミュージックビデオの監督・脚本をはじめ、井上陽水森花処女林」のジャケットデザインなど様々な分野で活動している。

監督作品[編集]

映画[編集]

  • 落下距離・百三十センチ・鳥(2005年 劇場未公開) - 監督・脚本
  • 99%の自殺(2008年 YOSHIMOTO DIRECTOR'S 100) - 監督・脚本
  • クレイフィッシュ(2010年 短編) - 監督・脚本・出演
  • 皆既日食の午後に(2011年 短編) - 監督・脚本[7]
  • 終着の場所(2018年 CINEMA FIGHTERS) - 監督・脚本[8]
  • 最初の晩餐(2019年、KADOKAWA) - 監督・脚本・編集[9] ※ 長編映画デビュー作 

CM[編集]

ミュージックビデオ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

受賞歴[編集]

映画[編集]

『落下距離・百三十センチ・鳥』

  • 第9回プチョン国際映画祭 正式招待

『99%の自殺』

  • 第1回沖縄国際映画祭 正式招待

『クレイフィッシュ』

  • Short Shorts Film festival & Asia 2010 優秀賞&観客賞(開催初W受賞)
  • 新鎌倉映像フェスティバル2012 最優秀作品賞
  • ATHENS International Short Film Festival 2010 正式招待

『皆既日食の午後に』

  • ギリシャ国際短編映画祭2014 インターナショナル部門ノミネート
  • Short Shorts Film Festival & Asia 2011 特別招待作品
  • Doha Tribeca Film Festival 2011 正式招待
  • 高雄国際映画祭(台湾)2011 正式招待
  • ベルリン・インターフィルム国際映画祭2014 正式招待

その他[編集]

『サザンオールスターズ「FILM KILLER STREET-Director’s cut-」』

『Microsoft Gears of war「Let’s it Yunnie! Vlog」』

『Yahoo!インターネット募金「Coin Magic」』

  • New York festivals Finalist

脚注[編集]

外部リンク[編集]