川添善行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川添 善行(かわぞえ よしゆき、1979年 - )は、日本の建築家。東京大学准教授[1]

略歴[編集]

概要[編集]

  • 32歳で東京大学に自身の研究室(建築意匠)を持ったのは、歴史的にも稀な若さである。
  • 東京大学の新図書館計画の設計を担当している。[2]
  • 設計したホテルが、ギネスに認定されている。[3]
  • 「東京大学総合図書館別館」や「変なホテル」のような単体の建築物にとどまらず、和歌山市の加太に分室をつくって活動を行うなど、地方創生に関する多彩な取り組みも注目されている。

受賞[編集]

  • 2008年(平成20年) - 土木学会景観デザイン研究発表会優秀講演賞
  • 2009年(平成21年) - グッドデザイン賞
  • 2013年(平成25年) - グッドデザイン 未来づくりデザイン賞[4]
  • 2015年(平成27年) - 日本建築学会作品選集新人賞
  • 2016年(平成28年) - ロヘリオ・サルモナ・南米建築賞 名誉賞[5]
  • 2019年(令和元年) - 第45回 東京建築賞 最優秀賞(一般二類部門)
  • 2019年(令和元年) - 照明学会 照明デザイン賞入賞

主な作品[編集]

  • 2008年 ベレン公園図書館
  • 2012年 佐野の庫裡
  • 2013年 佐世保の実験住宅 ハウステンボス スマートハウス
  • 2013年 弥生の研究教育棟 I-REF
  • 2015年 変なホテル
  • 2017年 現バー[6]
  • 2017年 東京大学総合図書館別館[7]
  • 2017年 黄金の茶室[8]
  • 2018年 東京大学生産技術研究所川添研究室加太分室地域ラボ

著書[編集]

  • 『世界のSSD100 都市持続再生のツボ』(彰国社、2007年)(ISBN:4395008593)
  • 『このまちに生きる―成功するまちづくりと地域再生力』(彰国社、2013年)(ISBN:4395010393)
  • 『空間にこめられた意志をたどる』(幻冬舎、2014年)(ISBN:4344952464)

その他[編集]

  • LIXIL学生のための住宅デザインコンペ、トウキョウ建築コレクションなどで審査員を歴任。

脚注[編集]

外部リンク[編集]