川崎浹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

川崎 浹(かわさき とおる、1930年5月5日 - )は、日本ロシア文学者、著述家。早稲田大学名誉教授

経歴・人物[編集]

福岡県に生まれる。1948年福岡県中学修猷館[1]、1954年早稲田大学第一文学部露文学科卒業、1964年同大学大学院文学研究科露文学専攻博士課程単位取得満期退学。 同年同大学教育学部非常勤講師となり、1965年同大学第一、第二文学部、法学部非常勤講師、1967年同大学教育学部専任講師、1970年同大学教育学部助教授。 1971年9月から1973年3月にかけてパリ大学・早稲田大学交換制度による在外研究の後、1974年早稲田大学大学院文学部露文学専攻を兼担。1975年同大学教育学部教授に就任。 1984年9月から1985年7月にかけてモスクワ大学・早稲田大学交換制度による在外研究を行う。 2001年3月退職。

1960年代後半に翻訳したロープシン『蒼ざめた馬』や、ボリス・サヴィンコフ『テロリスト群像』は、当時の学生運動に波紋を投げかけた。またアントン・チェーホフフョードル・ドストエフスキーと並んで70年代にはソ連反体制文学、いわゆる地下文学(サミズダート)に焦点を絞った。その一環として、後の80年代のソ連崩壊期には足繁く現地に通い、インタビュー集やルポルタージュ等を執筆。

専門外の著書『過激な隠遁』(2008年)は、生前著者と親交のあった画家高島野十郎の評伝である。

著書[編集]

編著[編集]

共著[編集]

  • 『私の海外旅行術』同時代ライブラリー(岩波書店、1994年)

訳書[編集]

共訳書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『修猷館同窓会名簿 修猷館235年記念』同窓会員71頁

参考文献 [編集]

  • 「川崎浹教授略歴・業績」早稲田大学教育学部学術研究.数学編 55頁、早稲田大学教育学部、2000年

外部リンク[編集]