川崎市立西中原中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川崎市立西中原中学校
NishinakaharaJHS.jpg
正門と校舎
過去の名称 川崎市立大戸中学校
国公私立 公立学校
設置者 川崎市
校訓 探る心・耐える力
設立年月日 1947年5月5日
開校記念日 11月25日
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地 211-0041
神奈川県川崎市中原区下小田中二丁目17番1号
公式サイト 公式ウェブサイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

川崎市立西中原中学校(かわさきしりつ にしなかはらちゅうがっこう)は、神奈川県川崎市中原区下小田中二丁目にある公立中学校

概要[編集]

本校は1947年に開校した川崎市立の中学校である。2017年5月5日に開校70周年を迎え、2018年3月3日に創立70周年記念式典が開催された。

校地面積は27,941m²と、川崎市内随一の広さを誇る。2021年10月1日現在、通常級37学級、特別支援学級6学級、夜間学級3学級の46学級で、在籍生徒数1,318名[1]は中学校として日本最大である。川崎市唯一の夜間学級、そして市内に2校しかない相談指導学級(現在は独自に適応支援室として運用)を併設している。

2017年12月よりセンター方式による中学校完全給食を開始し、同時に夜間学級でも補食給食を開始した。

基礎データ[編集]

学校長
田中 眞砂美(第17代、令和4年4月1日着任)
副校長
中野 正明(令和2年4月1日着任/令和4年4月1日昇任)
教頭
新妻 幸子(令和4年4月1日着任)
令和4年度 川崎市立西中原中学校在籍生徒数一覧(2022年4月5日現在)
1学年 2学年 3学年 特別支援学級

(サポート級)

相談指導学級

(適応支援室)

夜間学級 合計
在籍数 495名 441名 432名 32名 通常級に含む 19名 1387名
学級数 13学級 12学級 12学級 5学級 通常級に含む 3学級 45学級

学区[編集]

学区は大戸小学校・大谷戸小学校・新城小学校の小学区全域、下小田中小学校・今井小学校の一部区域となっている[2]

学区が広範囲に及ぶため、新城小学校・大谷戸小学校校区の一部生徒は武蔵新城駅から武蔵中原駅まで電車通学となっている。

以下、西中原中学校の校区を示す。

  • 上小田中一丁目~六丁目(二丁目の若干と六丁目の一部を除く)
  • 下小田中一丁目~六丁目
  • 新城一丁目~五丁目
  • 下新城一丁目~三丁目
  • 上新城一丁目・二丁目
  • 新城中町

教育目標[編集]

校訓[編集]

  • 探る心
  • 耐える力

心得[編集]

  • しっかりと勉強しよう
  • 正しい行動をとろう
  • 美しく豊かな心を持とう
  • からだを鍛えよう

校舎・設備[編集]

概要[編集]

2011年に新校舎が完成し、新校舎(2011年完成)である4階建ての1棟(北棟)、旧校舎(東側校舎…1979年、西側校舎…1990年完成)の2棟(南棟)の合わせて2棟が建っている。[3]

1棟は3階西側と4階が2学年、2階と3階東側が3学年の教室、2棟は全て1学年の教室となっている。

他に1985年完成の体育館・武道場(格技室)・2010年完成のプール棟などがある。

なお、体育館は2017年9月から2018年2月まで全面リニューアル工事が行われ、こけら落としとして2018年3月3日に創立70周年記念式典、記念祝賀会、卒業生全員を対象とした第2回大同窓会が開催された。

基本データ[編集]

校地面積  27,941平方メートル

校舎建坪  8,292,79 平方メートル

  • 普通教室 37
  • 特別教室
    • 図書室、理科室2、音楽室2、金工室、木工室、被服室
    • 調理室、視聴覚室、教育相談室2、進路相談室
    • 美術室2、コンピューター室、夜間学級2
    • 相談指導学級(適応支援室)教室2、多目的室3、多目的スペース、 少人数教室8、生徒更衣室6
  • 管理室 
    • 校長室、職員室、保健室、用務員室、放送室、印刷室、事務センター、教材室3、理科準備室
    • 技術科準備室、家庭科準備室、美術科準備室、音楽科準備室
    • 夜間学級職員室、相談指導学級(適応支援室)職員室
  • その他 
    • 体育館 996.3平方メートル、プール 1,291.8平方メートル、格技室 374.4平方メートル
    • プール棟、部室棟、学校園、鳥舎、備蓄倉庫、作業場

校歌[編集]

  • 校歌制定:昭和30年1月8日
  • 作詞:早川富潤
  • 作曲:下総皖一

主な部活動における近年の実績[編集]

著名な出身者[編集]

  • 渡邉裕規<プロバスケットボール選手(栃木ブリックス)・2019年Bリーグオールスター選出> 
  • さわやか五郎上々軍団、お笑いコンビ・創立70周年記念文化祭にサプライズ出演>
  • 河原純一<元プロ野球選手(巨人・西武・中日)、現プロ野球独立リーグ監督>
  • パンチ佐藤<元プロ野球選手(オリックス)、現タレント
  • 植松伸之介<元プロハンドボール(ドイツ・ブンデスリーガ)選手、監督、現明星大学コーチ兼男子ユース(U19)日本代表監督>
  • 阿部展行<元ハンドボール日本代表、日本リーグ選手(中村荷役・ホンダ)>
  • 小沢勝利<元ハンドボール日本リーグ選手(湧永製薬・トヨタ車体)>

交通アクセス[編集]

JR南武線武蔵中原駅から徒歩3分ほどである。

なお、来校者には駅至近のため公共交通機関を利用するか、自動車や自転車は駅周辺のコインパーキングを利用することを推奨している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 川崎市立西中原中学校ホームページ(公式サイト)
  2. ^ 川崎市立西中原中学校ホームページ…学校概要(公式サイト)
  3. ^ 川崎市立西中原中学校 創立70周年記念誌. 川崎市立西中原中学校 創立70周年実行委員会 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

川崎市立西中原中学校公式ホームページ