新城 (川崎市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新城
—  町丁大字  —
武蔵新城駅南口前の風景(2012年5月21日)
新城の位置(神奈川県内)
新城
新城
新城の位置
座標: 北緯35度35分9.29秒 東経139度37分52.22秒 / 北緯35.5859139度 東経139.6311722度 / 35.5859139; 139.6311722
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Kawasaki.svg 川崎市
中原区
面積[1]
 - 計 0.183km2 (0.1mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 - 計 4,318人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 211-0044[3]
市外局番 044 (川崎MA)[4]
ナンバープレート 川崎

新城(しんじょう)は神奈川県川崎市中原区地名。現行行政町名としては町丁としての新城一丁目から五丁目と、大字としての新城[5]が併存している。このうち新城一-五丁目は1979年(昭和54年)11月5日住居表示が施行されている[6]郵便番号は211-0044[3]

なお、「新城」を冠した町(上新城新城中町下新城)が新城の近隣にあるが、これらは新城から分離されて設置された(後述)。

地理[編集]

中原区の西端に位置し[7]、全体に平地である[8]武蔵新城駅の南口を中心として商店街が広がり、その周囲は住宅地となっている[5]

新城は北端で南武線を境界として高津区末長上新城と、東端で新城中町と、南端で下新城と、西端で高津区千年新町新作と接している(特記のない町域は中原区)。

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、新城4-11-6の地点で30万8000円/m2となっている。[9]

歴史[編集]

中世以前[編集]

当地周辺では平安末期から新田開発が行われており、「稲毛本荘検注目録」にもその様子が残っている[8]。ただ、「小田原衆所領役帳」に「稲毛荘木月郷屋けへ方」とあり、この「屋けへ」が当地内の小名に比定されている[8]ように他村の一部であり、新城が1村となるのは江戸時代に入ってからであった[5]

近世[編集]

江戸時代の当初、当地は天領だったが、天正年間には旗本である中川氏に賜われ[8]、同氏の支配が幕末まで続いた[5]。農地としては「水田多くして陸田少」なく[10]、村は、正保年間の「武蔵田園簿」で200、「元禄郷帳」や「天保郷帳」、幕末の「旧高旧領取調帳」では300石となっていた[5]

用水は二ヶ領用水の分流から取ったほか、岩川村(現在の千年)との間に溜池があった[11]。農間には菰蓆作りも行われたほか[5]、全体が平地でありの確保が困難なので、野川や千年まで出かけて開墾を行い、切り株をもらって来るようなことも行われていた[10]。また、将軍が近隣で鷹狩をする際に、当地からも人足が徴発されていた[12]

近現代[編集]

明治維新後、当地は神奈川県に属し[5]、新城村→中原村中原町川崎市と推移していった。野菜が作られるようになる[13]、不在地主が増える[10]などの現象はあったものの、当地は農地として推移していた。

1927年昭和2年)に南武鉄道(現在の南武線)が開通して武蔵新城駅が設置され、1942年(昭和17年)には武蔵新城駅南側の、現在の新城に当たる地の水田が、南武線経由や近隣から運ばれた土砂で埋め立てられ、規則正しい道路を持った住宅地へと変貌していった[10]。戦後には1950年頃から南側に商店が進出し始め[13]、武蔵新城駅に南口が開設されたのと前後して、駅南側が完全に商業地と化した[10]

当地には明治時代から続く7つの小字があったが、地元にはあまり定着しておらず、上・中・下の3分割で呼ばれており、昭和30年代の土地改良後にはその3つに加え、昭和17年に埋め立てられた区域を含む中央の4町会が成立した[10]1979年(昭和54年)、中原区内で初めて行われた[6]当地の住居表示では、この4町会をほぼそのまま活かす形で、上新城新城中町下新城新城の町が設置された[10]

地名の由来[編集]

平安末期から近隣に存在した「稲毛庄」に対して新しく開かれた地が「新庄」と呼ばれ、のちに文字が転じたものと考えられている[8]

沿革[編集]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

大字丁目 世帯数 人口
新城 104世帯 167人
新城一丁目 706世帯 1,083人
新城二丁目 521世帯 1,132人
新城三丁目 428世帯 650人
新城四丁目 230世帯 486人
新城五丁目 583世帯 800人
2,572世帯 4,318人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[14][15]

大字・丁目 番地 小学校 中学校
新城 全域 川崎市立末長小学校 川崎市立橘中学校
新城一丁目 全域 川崎市立新城小学校 川崎市立西中原中学校
新城二丁目 全域
新城三丁目 全域
新城四丁目 全域
新城五丁目 全域

交通[編集]

鉄道[編集]

武蔵新城駅南口

南武線が当地の北端を通過しており、武蔵新城駅の南口が当地と隣接している。

路線バス[編集]

武蔵新城駅を基点として、各方面へのバスが運行されている。

施設[編集]

駅周辺には、あいモール・サンモール・マイロードなど商店街が広がっており、大規模な店舗としてはスーパーマーケットのマルエツがある。

金融機関[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 町丁別面積(総務省統計局「地図で見る統計(統計GIS)」の数値)”. 川崎市 (2015年10月26日). 2018年2月15日閲覧。
  2. ^ a b 町丁別世帯数・人口”. 川崎市 (2018年1月25日). 2018年2月15日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年2月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月15日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』、p.495。
  6. ^ a b 川崎市:区別町名一覧表(中原区) 2014年8月17日閲覧。
  7. ^ 川崎の町名』、p.146。
  8. ^ a b c d e f 川崎地名辞典(上)』、p.287。
  9. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  10. ^ a b c d e f g 川崎の町名』、p.147。
  11. ^ 川崎地名辞典(上)』、p.290。
  12. ^ 川崎 新中原誌』、p.221。
  13. ^ a b c d e f 川崎地名辞典(上)』、p.288。
  14. ^ 川崎市立小学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). 2018年2月15日閲覧。
  15. ^ 川崎市立中学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). 2018年2月15日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『川崎の町名』 日本地名研究所 編、川崎市、1995年
  • 『川崎地名辞典(上)』 日本地名研究所 編、川崎市、2004年
  • 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』 角川書店1984年
  • 新中原誌刊行会 『川崎 新中原誌』 有隣堂1977年

外部リンク[編集]