嵐が丘 (ケイト・ブッシュの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
嵐が丘
ケイト・ブッシュシングル
初出アルバム『天使と小悪魔
B面 風に舞う羽根のように(カイト)
リリース
録音 1977年
時間
レーベル EMI
作詞・作曲 ケイト・ブッシュ
プロデュース アンドリュー・パウエル
チャート最高順位
  • 1位(全英)
ケイト・ブッシュ シングル 年表
嵐が丘
(1978年)
少年の瞳を持った男
(1978年)
テンプレートを表示

嵐が丘」(あらしがおか、原題:Wuthering Heights)は、1978年1月20日に発売されたケイト・ブッシュのデビューシングル、及びそのタイトル曲。

概要[編集]

ケイト・ブッシュが19歳の時に発表された1枚目のシングルであり、彼女の唯一の全英ナンバーワン・ヒットである。この曲は、ファーストアルバム天使と小悪魔』(原題:The Kick Inside)にも収録されているほか、1986年のベストアルバム『ケイト・ブッシュ・ストーリー』(原題:The Whole Story)には新たにボーカルを録音したニュー・バージョンが収録されている。

題名から分かるとおり、この曲は、エミリー・ブロンテの有名な小説『嵐が丘』を題材にしたものであるが、ケイト・ブッシュは直接には小説からではなく、テレビドラマ化された作品から着想を得たという。

シングル盤のカップリング曲は、同じく『天使と小悪魔』に収録されている「風に舞う羽根のように(カイト)」(原題:Kite)。

また日本では、この曲はバラエティ番組『恋のから騒ぎ』のオープニングテーマ曲としても知られている。1986年には、東芝ビデオデッキCMソングにも使われた。(←『歌のトップテン』内の同社CMにて確認)

アンドリュー・パウエルがプロデュースということで、この曲のミュージシャンは、当時アンドリューがオーケストラアレンジでかかわっていたアラン・パーソンズ・プロジェクトのおなじみのメンバーが参加している。元パイロットのイアン・ベアーソンとデビッド・ペイトン、ステュワート・エリオット。アンドリューはベースを担当している。ちなみにギターソロは、デビッド・ギルモアと思われているが、実はイアン・ベアーソンがクレジットされている。

カヴァー[編集]

パット・ベネターのセカンドアルバム『Crimes of Passion』(1980年8月)、ブラジルヘヴィメタル・バンドアングラのアルバム『ANGELS CRY』(1994年)、ニュージーランドの歌手ヘイリー・ウェステンラのアルバム『PURE』(2003年)等で取り上げられた。