ブロンテ姉妹 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブロンテ姉妹
Les Sœurs Brontë
監督 アンドレ・テシネ
脚本 パスカル・ボニゼール
ジャン・グリュオーフランス語版
アンドレ・テシネ
製作 イヴ・ガセール
イヴ・ペイロ
クラウス・ヘルヴィッヒ
製作総指揮 アラン・サルド
出演者 イザベル・アジャーニ
マリー=フランス・ピジェ
イザベル・ユペール
パスカル・グレゴリー
音楽 フィリップ・サルド(編曲)
ジョアキーノ・ロッシーニ (歌劇「タンクレーディ」序曲/ネヴィル・マリナー指揮 PHILIPS音源)
ローベルト・シューマン (「ファウストの情景より」ソプラノ:エリザベス・ハーウッド)
撮影 ブリュノ・ニュイッテン
編集 クローディーヌ・メルランフランス語版
製作会社 Action Films
フランス3
ゴーモン
配給 フランスの旗 ゴーモン
日本の旗 パシッフィック・シネマ・ジャパン
公開 フランスの旗 1979年5月9日
日本の旗 1988年2月6日
上映時間 120分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

ブロンテ姉妹』(ブロンテしまい、Les Sœurs Brontë)は1979年フランス伝記映画。 19世紀イギリスの小説家ブロンテ3姉妹シャーロットエミリーアン)の生涯を史実に忠実に[1]描いている。ただし、台詞は全てフランス語である。

ストーリー[編集]

物語の開始時点でブロンテ家の長女マリアと次女エリザベスは既に亡くなっており、2人の妹であるシャーロット、エミリー、アンの3姉妹が教師になっている(エミリーは教師を辞めて家事手伝い)。シャーロットは野薔薇を愛でるが、エミリーはその側の柊を愛でた[2]。その後、シャーロットがカラー・ベルという男性の筆名で出した『ジェイン・エア』がロンドンで出版され大評判をとった。次いでエミリーとアンの作品も出版され話題を呼んだが、女性の権利が認められない時代のため、混乱も招いた。

唯一の男兄弟であるブランウェルが家庭教師をしていた少年の母親である人妻リディア・ロビンソンとの恋に破れ、自暴自棄になった末に衰弱死、更にエミリーとアンが病で相次いで亡くなり、一人残ったシャーロットが流行作家となり、結婚したシャーロットはふとその淋しさが胸を打つ。ブランウェル、エミリー、アンを偲ぶところで物語は終わる。

キャスト[編集]

トリビア[編集]

19世紀イギリスの高名な作家ウィリアム・メイクピース・サッカレーを演じているロラン・バルトは俳優ではなく、フランスの著名な哲学者で批評家である。これは彼が唯一役者として出演した貴重な作品となった。

サルドはオリジナル・スコアは作曲せず、シューマン、ショパンなどのクラシック、声楽曲をアレンジ。なお、終盤のオペラ鑑賞の場面ではロッシーニのオペラ・セリア「タンクレーディ」序曲が流れているが、当時リリースされて間もないマリナー指揮「ロッシーニ序曲集」からの音源を借用している。

脚注[編集]

  1. ^ ブロンテ姉妹”. allcinema. 2013年12月30日閲覧。
  2. ^ 最後にも詠まれる詩はエミリーの「恋愛と友情」(Love and Friendship)である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]