島津源蔵 (2代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

二代目・島津 源蔵(しまづ げんぞう、明治2年6月17日1869年7月25日) - 昭和26年(1951年10月3日)は日本近代発明家。幼名は梅次郎。

島津製作所の二代目社長で、父は島津製作所の創業者である初代・島津源蔵日本の十大発明家の一人として1930年の宮中晩餐会に招待されている。京都府平民[1]

生涯[編集]

事業の継承、X線装置の商品化[編集]

1869年6月17日京都市島津源蔵(初代)の長男・梅次郎として生まれた。1875年、6歳の時に父が島津製作所を創業。梅次郎も早くから科学知識に興味を持ち、1884年ウィムズハースト式誘導起電機(Wimshurst machine)を作製して翌年の京都勧業博覧会に出品し、文部大臣森有礼から激励を受けた。

1894年に初代・源蔵が急死したため、梅次郎は二代目・源蔵を襲名して事業を継承した。翌1895年ヴィルヘルム・レントゲンX線を発見したのを受け、ストラスブルク大学でレントゲンと面識のあった第三高等学校教授村岡範為馳とともに二代目・源蔵はX線の研究に着手した。その結果、翌年には国内初のX線写真の撮影に成功し、翌1897年に教育用X線装置を商品化している。 また、1895年には教育用の人体模型、哺乳類鳥類標本の製造・販売を開始した。

GS蓄電池の開発[編集]

一方、1897年に京都帝国大学の理工科大学から注文を受けて二代目・源蔵は鉛蓄電池を作製し、これは後に改良され「GS蓄電池」(GSはGenzo Shimazu=島津源蔵の頭文字から)となった。この蓄電池は日露戦争で徴発されて軍艦和泉でも使用され、1905年5月27日日本海海戦では信濃丸から「敵艦見ゆ」の第一報を受けて旗艦の三笠に送信する歴史的役割を支えた。

1909年に島津製作所は初の国産医療用X線装置を作製し、これは国府台陸軍衛生病院(現・国立国際医療センター国府台病院)に納品された。また、同年にはシアトルアラスカユーコン太平洋博覧会で人体模型が大賞を受賞している。

さらにX線講習会を1921年から20年間開催し、1927年には国内初のX線技師養成所を本社内に設けるなど、X線技術の普及に努めた。なお、この養成所は現在の京都医療技術短期大学となっている。

電池の新発明[編集]

第一次世界大戦が勃発するとドイツからの蓄電池輸入が途絶えたため、三菱大倉財閥や京都財界によって島津製作所の蓄電池工場は独立する事になり、1917年に日本電池株式会社(現・ジーエス・ユアサコーポレーション)が設立された。

二代目・源蔵はこの会社でも開発の指揮を取り、1920年に円筒中に鉛の塊を入れて送風しながら回転して亜酸化鉛(Pb2O)を生成する「易反応性鉛粉製造法」を発明した。これによって1923年の第3回発明品博覧会・電気工業の部で二代目・源蔵は大賞を受賞している。さらにこの亜酸化鉛粉から防錆剤を作り、それを扱う大日本塗料株式会社1929年に独立した。

「易反応性鉛粉製造法」では国内およびアメリカイギリスフランスドイツなどで特許を取得し、これをはじめとする発明の業績により、1930年の宮中晩餐会に御木本幸吉らとともに日本の十大発明家の一人として招待された。1937年(昭和12年)には電池を動力とする輸送機を製造する日本輸送機株式会社(現・三菱ロジスネクスト株式会社)が設立されている。

1939年、二代目・源蔵は島津製作所の社長を退き会長となった。さらに1945年の終戦を機に会長職も引退し、京都市左京区北白川の山荘で発明に専念した。生涯の発明考案は178件に上る。1951年10月3日に82歳で亡くなった。

家族・親族[編集]

島津家[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 「蓄電池の父、島津源蔵」上山明博『ニッポン天才伝─知られざる発明・発見の父たち』朝日選書,2007年)
  • 「〝敵艦ユ〟… 島津源蔵の蓄電池が果たした勝利への無線通信」上山明博(『歴史街道─特集:日本海海戦の真実』PHP研究所,2011年12月号)
  • 「その志は〝日本のエジソン〟へと受け継がれた」上山明博(『歴史街道─特集:島津源蔵と京都近代産業』PHP研究所,2017年11月号)
  • 「京都と島津源蔵父子」大谷晋一(『化学と教育 Vol.41(1)』日本化学会,1996年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『人事興信録. 7版』(大正14年)し六一