岩櫃山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
岩櫃山
Gobara stn.jpg
郷原駅の背後に聳える岩櫃山(2009年3月)
標高 802.6 m
所在地 日本の旗 日本 群馬県吾妻郡東吾妻町
位置 北緯36度33分25秒
東経138度47分46秒
座標: 北緯36度33分25秒 東経138度47分46秒
岩櫃山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

岩櫃山(いわびつやま)は、日本北関東群馬県吾妻郡東吾妻町にある、標高802.6m[1]

ぐんま百名山の一つ[1]。群馬県を代表する名勝[1]吾妻渓谷と共に吾妻八景を代表する景勝地である[2][3][1]

概要[編集]

山頂部の南面は約200mにもなる岩壁が切り立つ[3][2]。約600万年前(新生代新第三紀中新世末期〈メッシニアン〉)の噴火活動によって形成された山が、風雨と川の流れに侵蝕された結果、断崖だらけの荒々しい山容となった。山体は大部分が岩島層に属す。上部地層は主として安山岩凝灰角礫岩と安山岩溶岩、下部層は主として凝灰岩で形成されている。

戦国時代の岩櫃山東麓中腹には、真田氏ゆかりの難攻不落の山城として天下に名を馳せた名城岩櫃城があった[1]。そういったつながりから、2016年(平成28年)のNHK大河ドラマ真田丸』では、実写映像とCGVFXとで制作されたオープニングタイトル(制作者:新宮良平、EPOCH Inc.)[4]のクライマックスシーンに岩櫃山が用いられた。また、麓の古谷地区には真田昌幸武田勝頼を迎えるために3日間で建てたといわれる館城「古谷御殿」があった[2]。この館は潜龍院という寺院があったため、現在では潜龍院跡と呼ばれている[2]

登山道は岩場もあるが、危険箇所は梯子で整備されている[2]。山頂からの眺望に優れ、上州の山々が見渡せるほか、晴れた日には富士山を遠望できる[2]2010年代現在では、毎年11月3日に平沢地区の登山口で「紅葉祭」というイベントが催され[1]、県内外から多くの観光客が訪れる。地元で採れる山菜を使った郷土料理などが振舞われる[1]

探訪[編集]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 岩櫃山”. 大河ドラマ 真田丸の地 岩櫃(公式ウェブサイト). 東吾妻町 (2018年). 2018年6月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 岩櫃山”. Yamakei Online(公式ウェブサイト). 山と溪谷社. 2018年6月3日閲覧。
  3. ^ a b 東吾妻町役場 地域政策課. “町のシンボル「岩櫃山」”. 東吾妻町(公式ウェブサイト). 東吾妻町観光協会. 2018年6月3日閲覧。
  4. ^ NHK大河ドラマ「真田丸」オープニングタイトル”. 公式ウェブサイト. EPOCH Inc.. 2018年6月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]