岩倉具慶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
岩倉具慶
Iwakura Tomoyasu.jpg
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文化4年2月4日1807年3月12日
死没 明治6年(1873年2月13日
官位 正三位参議
主君 仁孝天皇孝明天皇明治天皇
氏族 大原家岩倉家
父母 父:大原重成、養父:岩倉具集
兄弟 具慶五辻継仲
正室:中堀初島の娘
文子(伊東祐帰継室)、誠子(岩倉具視正室)
養子:岩倉具視
テンプレートを表示

岩倉 具慶(いわくら ともやす)は、江戸時代後期の公卿明治時代の政府高官。明治維新の功臣岩倉具視の養父にあたる。

大原重成の子として生まれる。権大納言岩倉具集の子・具満、養子の具賢がともに早世したため、具集の養子となり岩倉家を継いだ。文政3年(1820年)に元服とともに叙爵。以降累進して嘉永3年(1850年従三位左近衛中将となり、公卿に列する。安政元年(1854年)には正三位に進んだが、安政5年(1858年)の安政の大獄廷臣八十八卿列参事件で養子の具視や養孫の具綱とともに連座した。明治元年(1868年)に参議に任じられ、新政府でも右兵衛督行政官補相職や大総督府副総裁議定職などを歴任した。

子は娘のみであったため、天保9年(1838年)に堀河康親の子具視を婿養子(次女の誠子と婚姻)として迎えた。

先代:
岩倉具賢
岩倉家当主
第13代
次代:
岩倉具視