伊東祐帰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊東祐帰

伊東 祐帰(いとう すけより、1855年12月11日安政2年11月3日)- 1894年明治27年)4月25日)は、日向国飫肥藩14代(最後の)藩主。飫肥藩知事

13代藩主・伊東祐相の長男。姉妹に間部詮実正室、亀井茲明正室、本堂親久正室、真田幸民継室、亀井茲明継室、久(前田利鬯正室)がいる。

正室は木下俊敦の娘、継室は岩倉具慶の娘、継々室は酒井忠義の娘。官位は正四位修理大夫。子に祐弘(長男)。

明治2年(1869年)、父が隠居したため家督を継ぎ、まもなく知藩事となる。そして藩の官制改革などを行なっている。明治4年(1871年)の廃藩置県東京に移住し、後に子爵に列した。明治27年(1894年)4月25日、東京にて40歳で死去した。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第3245号「叙任及辞令」1894年4月27日。