岩倉具賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岩倉 具賢(いわくら ともかた、享和2年(1802年) - 文政元年5月22日1818年6月25日))は、江戸時代後期の廷臣。実父は今城定成。母は中山愛親の娘。養父は岩倉具集。義理の弟で養子に岩倉具慶明治維新の功臣岩倉具視の養父)。最終官位は従五位下

公家岩倉家の嫡男であり、五位に叙爵もしていたが、17歳のとき父に先立って夭折した。岩倉具集の跡は大原家から養子に入った岩倉具慶が具賢の養子として継いでいる。


関連項目[編集]

先代:
岩倉具満
岩倉家
第12代
次代:
岩倉具慶