岩倉具満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岩倉 具満(いわくら ともみつ、文化7年(1810年) - 文化10年(1813年))は、江戸時代後期の廷臣。官位従五位下。父は公卿岩倉具集。母は公卿綾小路俊資の娘。義理の弟(いずれも年長者だが)に岩倉具賢岩倉具慶らがいる。

岩倉家の嫡男であったが、幼くして夭折。そのため今城家から具賢が具満の養子として岩倉家に迎えられたが、具賢もまもなく夭折。最終的には大原家から具慶が具賢の養子として岩倉家を継いだ。その具慶の養子が明治維新の功臣岩倉具視である。

関連項目[編集]


先代:
岩倉具集
岩倉家
第11代
次代:
岩倉具賢