岡谷康治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡谷 康治(おかや こうじ、1915年 - )は、日本実業家岡谷鋼機創業家出身で、同社代表取締役社長や、中部経済同友会代表幹事名古屋商工会議所副会頭等を務めた。

来歴・人物[編集]

愛知県出身。旧制愛知県第一中学校(現愛知県立旭丘高等学校)を経て[1]、旧制東京商科大学(現一橋大学)卒業後、鉄鋼統制会に入る。1945年岡谷鋼機取締役就任。1948年常務。1958年社長[2]。1990年会長[3]

中部経済同友会代表幹事[4]名古屋商工会議所副会頭、愛知県日韓協会副会長などを歴任し[5]大隈鐵工所取締役、中部日本放送取締役、旭精機工業監査役愛知時計電機監査役、名古屋鉄道監査役、東邦瓦斯監査役を兼務した[6]

また、1951年の日本青年会議所創立メンバーであり、同年に開催された第6回国際青年会議所(JCI)世界会議モントリオール大会に、6人の日本代表団の1人として参加し、正式加盟のため尽力するなどした[7]

親族[編集]

父は十代目岡谷惣助。長女は外交官朝海和夫の妻[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]


先代:
岡谷正男
岡谷鋼機社長
1958年 - 1990年
次代:
岡谷篤一
先代:
加藤乙三郎
中部経済同友会代表幹事
第10代:1963年度 - 1968年度
次代:
八代健三郎