岡田幸三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡田 幸三郎(おかだ こうさぶろう、明治21年(1888年4月 - 昭和47年(1972年))は日本実業家

小説家遠藤周作の妻順子の父。俳優岡田英次のおじ。

経歴[編集]

千葉県海上郡銚子町(現銚子市)に生まれた[1]。岡田幸吉の三男[1]

明治42年(1909年長崎高商卒業[1]慶大理財科修業[2]

塩水港製糖入社[2]。計算販売各課長、東京支店詰営業部長取締役を経て常務取締役に就任[2]

昭和14年(1939年社長に挙げられ、塩水港パルプ、新栄産業、新日本食品工業、日立オーバーシーズ各社長、東台湾電力興業、花蓮港木材、日本砂糖工業社長、新興産業、満州製糖、北満産業各取締役、日本糖業連合会、糖業協会理事を歴任す[3]

人物像[編集]

趣味ゴルフ将棋謡曲[4]宗教日蓮宗[1]

家族・親族[編集]

岡田家[編集]

千葉県海上郡銚子町(現銚子市[1]東京市品川区大井出石町[4]東京都港区[3]
明治30年(1897年)9月生[4] - 没
大正10年(1921年)11月生[4] -
大正13年(1924年)10月生[4] -
昭和2年(1927年)生[4] -
著書に遠藤と暮らした日々をつづった『夫・遠藤周作を語る』(文藝春秋刊)をはじめ『夫の宿題』『再会 夫の宿題それから』(ともにPHP研究所刊)がある[5]

参考文献[編集]

  • 『第五版 財界人物選集』 1939年 845-846頁

関連[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 猪野三郎監修『第十版 大衆人事録』(昭和9年)オ・一六四頁
  2. ^ a b c 『第五版 財界人物選集』八四五頁
  3. ^ a b 第廿一版 人事興信録 昭和36年(1961年)、お一七九
  4. ^ a b c d e f g h i j 『人事興信録 第11版』(昭和12年)上オ二六一
  5. ^ a b 著書一覧 遠藤順子