山田昭次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山田 昭次(やまだ しょうじ、1930年(昭和5年) - )は、日本史学者立教大学名誉教授

略歴[編集]

埼玉県生まれ。1953年立教大学文学部史学科卒業。1962年立教大学一般教育部講師助教授教授。95年定年退任、名誉教授。「関東大震災朝鮮人虐殺の国家責任を問う会」役員[1]。近代日本におけるアジア侵略を追及している。

著書[編集]

  • 関東大震災期朝鮮人暴動流言をめぐる地方新聞と民衆』「朝鮮問題」懇話会、1982 「朝鮮問題」学習・研究シリーズ
  • 日韓条約の成立と植民地支配の責任 請求権の解釈と日本の植民地支配の認定をめぐる問題を中心に』「朝鮮問題」懇話会、1990 「朝鮮問題」学習・研究シリーズ
  • 金子文子 自己・天皇制国家・朝鮮人』影書房、1996
  • 『関東大震災時の朝鮮人虐殺 その国家責任と民衆責任』創史社、2003
  • 『植民地支配・戦争・戦後の責任 朝鮮・中国への視点の模索』創史社、2005
  • 『関東大震災時の朝鮮人虐殺とその後 虐殺の国家責任と民衆責任』創史社、2011
  • 全国戦没者追悼式批判 軍事大国化への布石と遺族の苦悩』影書房、2014

共編著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 関東大震災朝鮮人虐殺の国家責任を問う会 ホームページ[1]

参考[編集]