山口忠良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山口 忠良
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府南河内郡河南町
生年月日 (1958-10-17) 1958年10月17日(62歳)
身長
体重
177 cm
67 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1980年 ドラフト外
初出場 1982年7月14日
最終出場 1985年10月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山口 忠良(やまぐち ただよし、1958年10月17日 - )は、大阪府出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

来歴・人物[編集]

大阪府明星高から立命館大学準硬式野球を経て、1980年オフにドラフト外横浜大洋ホエールズに入団。

準硬式野球出身のサイドスローの変化球投手。球威不足から敗戦処理が主な登板で、1986年限りで現役を引退。

1982年10月18日の対中日最終戦に4番手として登板。長崎慶一とともに首位打者がかかった中日・田尾安志はこの試合で5打席連続敬遠され、その5打席目の投手となった。田尾は山口との対戦でボールカウント0-3からの敬遠球2球をスイングし、周囲を驚かせた[1]

引退後は、横浜の打撃投手を経て球団職員に転身。2008年度まで業務部(シーレックス)専任部長。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1982 大洋 17 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 92 21.2 17 2 11 2 0 17 0 0 7 5 2.05 1.29
1983 14 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 96 20.2 18 0 17 3 2 13 0 0 8 7 3.05 1.69
1985 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 13 3.0 4 1 0 0 0 2 0 0 1 1 3.00 1.33
通算:3年 34 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 201 45.1 39 3 28 5 2 32 0 0 16 13 2.58 1.48

記録[編集]

背番号[編集]

  • 30 (1981年 - 1986年)
  • 93 (1987年 - 1992年)

脚注[編集]

関連項目[編集]