尼子元知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
尼子 元知
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 元亀3年(1572年
または 慶長3年(1598年
死没 元和8年5月13日1622年6月21日
改名 尼子元知→久佐元知
別名 将監
戒名 冷巌樹芳大禅定門
または 冷巌寺殿樹芳大居士
墓所 訂心寺山口県長門市渋木)
主君 毛利輝元秀就
長州藩
氏族 尼子氏
父母 父:尼子倫久、母:山内元通の娘
養父:尼子義久
兄弟 元知佐々木宗久宍道就兼室、
谷本重久
井原伯耆守の娘
養子:佐々木就易宍道就兼の子)

尼子 元知(あまご もとさと)は、江戸時代初期の人物。尼子氏7代目当主。尼子倫久晴久の次男)の長男。母は山内元通の娘。正室は井原伯耆守の女。

生涯[編集]

毛利家の意向により、元知は伯父である尼子義久養子となり尼子氏を継いで、毛利輝元に仕えることとなった。輝元から偏諱(「元」の字)を与えられて元知と名乗る。妻との間に子がなかったので、甥(妹の子)の宍道孫三郎就易を養子とした。慶長元年(1596年石見銀山御番所の支配頭となった。

この番所が石見国那賀郡久佐にあったので、村人は元知を「久佐の将監様」と呼び、元知自身も久佐将監と名のるようになった。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦い後、毛利氏が防長二州に削封されると、石見銀山徳川氏の領地となったため、毛利氏と共に防長二州に移り、元和8年(1622年)5月13日に長門国で没した。享年51(一説に享年25)。法号は冷巌樹芳大禅定門(れいがんじゅほうだいぜんじょうもん)または冷巌寺殿樹芳大居士。墓所は山口県長門市渋木の訂心寺(ていしんじ)にある。尼子元知の没年月日・没年齢・法号については、山口県萩市在住であった田中助一(郷土史家)の研究文書による。

関連項目[編集]