佐佐木元氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐佐木 元氏(ささき もとうじ、? - 享保15年7月22日1730年9月4日))は、江戸時代中期の長州藩士。尼子氏の10代目当主である。初名は光久(みつひさ)、のちに藩主毛利吉元より偏諱を賜って元氏に改名。父は佐佐木広高で「氏」の字は彼の初名「氏久」の偏諱を取ったものである。姉妹が粟屋元興室・粟屋元興継室と粟屋氏へと嫁いでいる。子には佐佐木時久佐佐木信賢児玉氏への養子。娘1人。

元氏は先代達とは異なり男子に恵まれ、家督は実子の時久が継いだ。

出典[編集]