小澤理奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 柔道
グランプリ
2010 青島 63kg級
2009 ハンブルク 63kg級
アジア選手権
2008 済州島 63kg級
世界ジュニア
2006 サントドミンゴ 63kg級

小澤 理奈(こざわ りな、1987年2月23日 - )は、愛知県名古屋市出身の、日本人女子柔道選手である。階級は63kg級。身長165cm。血液型はO型。組み手は右組み。得意技は大外刈[1]

経歴[編集]

柔道は小学校3年の時に1歳上の兄に続いて米田道場で始めた[2]。清州中学時代はバレーボールと掛け持ちしていた。しかしながら、弥富高校柔道部監督の東内伸浩に熱心に勧誘されたことで、弥富高校へ進んで柔道に専念すると、2年の時に全国高校選手権で3位に入った[2]。3年の時にはインターハイ全日本ジュニアでも3位になった[2]アジアジュニアでは優勝を果たした[2]。2005年に山梨学院大学へ進学すると、1年の時に学生体重別で3位となった。2年の時には優勝大会で2位になった。全日本ジュニアで優勝するも、世界ジュニアでは決勝でキューバのオニックス・コルテスに敗れて2位だった[2]。3年の時には学生体重別で3位だったが、講道館杯では決勝で仙台大学2年の田中美衣を破って優勝を飾った[2]。4年の時にはアジア選手権で優勝を飾った[2]。優勝大会では決勝の東海大学戦で得意の大外刈を決めてチームを優勝へ導いた[1]。学生体重別でも決勝で田中を破って優勝して学生2冠を達成した[3]グランプリ・ハンブルクでは3位だった。2009年にはミキハウス所属となると、アジアマーシャルアーツゲームズで優勝した[1]実業個人選手権では2位となった。2010年にはワールドカップ・ソフィアで優勝した[1]。講道館杯では決勝でコマツ谷本育実に敗れて2位だったが、グランプリ・青島IJFワールド柔道ツアー初優勝を飾った[1]

戦績[編集]

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 「柔道全日本強化選手名鑑 2011」近代柔道 ベースボールマガジン社、2011年4月号
  2. ^ a b c d e f g 「解体新書 小澤理奈」近代柔道 ベースボールマガジン社、2008年7月号
  3. ^ 全日本学生柔道体重別選手権大会 第1日

外部リンク[編集]