小澤得二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小沢得二から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
おざわ とくじ
小澤 得二
本名 小澤 得壽 (おざわ とくじゅ)
生年月日 (1893-10-11) 1893年10月11日
没年月日 (1979-04-19) 1979年4月19日(85歳没)
出生地 不明
職業 映画監督脚本家編集技師
ジャンル 新劇劇映画現代劇サイレント映画トーキー)、ドキュメンタリー映画
活動期間 1913年 - 1950年代

小澤 得二(おざわ とくじ、1893年10月11日 - 1979年4月19日)は、日本の映画監督脚本家編集技師、元俳優である[1][2][3][4][5][6][7]。新漢字表記小沢 得二[1][3][4][5][6]。本名小澤 得壽(おざわ とくじゅ)[1]

人物・来歴[編集]

1893年明治26年)10月11日に生まれる[1][2][3]。生地は伝えられていない[1][3]

1913年(大正2年)、上山草人が主宰する近代劇協会に参加、5年間にわたって新劇俳優としてのキャリアを積む[1][2]。1920年(大正9年)、国際活映に入社し、佐藤紅緑の弟子であり日活向島撮影所出身という、新派系の演出家・脚本家の桝本清に師事する[1][2]。1923年(大正12年)2月15日に公開された『涙の親子』で監督に昇進[1]、とのことであるが、前年の1922年(大正11年)5月20日に公開された労資協調会宣伝映画製作の劇映画『人の心』を監督した記録がある[4]。同年、松竹蒲田撮影所に移籍し、移籍第1回作品として『お転婆娘』を監督、同年8月7日に公開されたが[1]、同年9月1日に起きた関東大震災に被災して同撮影所の機能は京都の下加茂撮影所、小澤もこれにともなって京都に異動した[4][5]。翌1924年(大正13年)春には復興した蒲田撮影所に戻るが、同年秋には、帝国キネマ演芸に移籍、大阪の小坂撮影所に所属した[1][2][4][5]。1925年(大正14年)、同撮影所は閉鎖され新会社・東邦映画製作所に移行したが、新会社がすぐに解散したので、直木三十三(のちの直木三十五)の主宰する聯合映画芸術家協会に参加、麻生豊の漫画を原作にした『ノンキナトウサン 活動の巻』を監督している[4][5]。1927年(昭和2年)には、阪東妻三郎立花良介カール・レムリによる合弁会社・阪妻・立花・ユニヴァーサル聯合映画に参加、同社の合弁解消後は、阪東妻三郎プロダクションの太秦撮影所(現在の東映京都撮影所)で引き続き現代劇を中心に演出した[1][4][5]

1928年(昭和3年)、独立して小澤映画聯盟を設立、女優の五月信子らとともに長谷川伸佐藤紅緑の小説を原作とした映画を製作、監督したが、長続きはできなかった[1][4][5]。翌1929年(昭和4年)の解散後は、東京に移り、河合映画製作社に入社、同年10月11日に公開された『血の曲芸団』を第1作として、その後短期間に映画を量産する[1][4][5]。1931年(昭和6年)からしばらく、東京シネマ商会で数本手がけるが、河合へ戻る[1][4][5]。1933年(昭和8年)には、河合が改組して大都映画になると、同社に継続入社したが、翌1934年(昭和9年)には退社して、記録映画(ドキュメンタリー映画)に転向している[1][4][5]田中純一郎が執筆した『日本映画監督全集』(キネマ旬報社)の小澤の項目には、1938年(昭和13年)8月4日に公開された『起ち上る蒙古』を最後に引退した、という旨の記述があるが[1]、ほかにも記録映画に関わった記録が残っている[5]

第二次世界大戦終了後も、1952年(昭和27年)に『文楽 人形遣いの妙技』(監督長島豊次郎、配給松竹)に関わり[8]、1955年(昭和30年)には『カメラ誕生』(製作読売映画社、配給松竹、1957年公開)を演出した記録が残っている[6]

1979年(昭和54年)4月19日脳血栓により死去した[1]。満85歳没。

フィルモグラフィ[編集]

クレジットは特筆以外すべて「監督」である[4][5]。公開日の右側には監督を含む監督以外のクレジットがなされた場合の職名[4][5]、および東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)、マツダ映画社所蔵等の上映用プリントの現存状況についても記す[7][9]。同センター等に所蔵されていないものは、とくに1940年代以前の作品についてはほぼ現存しないフィルムである。資料によってタイトルの異なるものは併記した。

初期[編集]

すべてサイレント映画である[4][5]

松竹蒲田撮影所[編集]

特筆以外すべて製作は「松竹蒲田撮影所」、配給は「松竹キネマ」、すべてサイレント映画である[4][5]

帝国キネマ演芸[編集]

すべて製作は「帝国キネマ演芸小坂撮影所」あるいは「東邦映画製作所」、配給は「帝国キネマ演芸」、すべてサイレント映画である[4][5]

小坂撮影所
東邦映画製作所
  • 運兵正戦』(ウンピンマーチェン) : 脚本佐々木杢郎、主演正邦宏・森静子、1925年6月4日公開
  • 人間礼讃』 : 主演正邦宏・森静子、1925年9月10日公開 - 脚本・監督

聯合映画芸術家協会[編集]

特筆以外すべて製作・配給は「聯合映画芸術家協会」、すべてサイレント映画である[4][5]

阪妻・立花・ユニヴァーサル聯合映画[編集]

すべて製作・配給は「阪妻・立花・ユニヴァーサル聯合映画」、すべてサイレント映画である[4][5]

阪東妻三郎プロダクション太秦撮影所[編集]

すべて製作は「阪東妻三郎プロダクション太秦撮影所」、特筆以外配給は「一立商店」、すべてサイレント映画である[4][5]

小澤映画聯盟[編集]

特筆以外すべて製作・配給は「小澤映画聯盟」、すべてサイレント映画である[4][5]

河合映画製作社[編集]

特筆以外すべて製作・配給は「河合映画製作社」、特筆以外すべてサイレント映画である[4][5]

大都映画[編集]

すべて製作・配給は「大都映画」、特筆以外すべてサイレント映画である[4][5]

  • 片羽鳥』 : 原作河合徳三郎、脚本山本三八、主演春水麗子・飯田英二、1933年8月26日公開
  • 善悪の巷』 : 脚本山本三八、主演琴路美津子、1933年9月21日公開
  • 名古屋まつり』 : 原作殿島蒼人、脚本水町恭一郎、主演琴糸路・小川国松、1933年10月7日公開
  • ギャング討伐』 : 主演飯田英二・琴路美津子、1933年10月12日公開 - 脚本・監督
  • 東天に輝く』 : 脚本山本三八、主演藤間林太郎・琴路美津子、1933年10月26日公開
  • 妖しき都会』 : 脚本山本三八、主演松村光夫、1933年11月15日公開
  • 空晴れて』 : 脚本山本三八、主演片桐敏朗・大和玉江、1933年11月27日公開
  • この罪に泣け』 : 脚本山本三八、主演月宮乙女・野村京二、1934年2月15日公開

記録映画[編集]

記録映画に携わった時代の作品である[4][5]。すべてトーキーである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r キネマ旬報社[1980], p.101-102.
  2. ^ a b c d e 映画世界社[1934], p.163.
  3. ^ a b c d 小沢得二jlogos.com, エア、2013年3月29日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 小沢得二日本映画データベース、2013年3月29日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 小沢得二、日本映画情報システム、文化庁、2013年3月29日閲覧。
  6. ^ a b c 小沢得二KINENOTE, 2013年3月29日閲覧。
  7. ^ a b c d 小澤得二小沢得二東京国立近代美術館フィルムセンター、2013年3月29日閲覧。
  8. ^ a b フィルムで見る20世紀の日本、東京国立近代美術館フィルムセンター、2013年3月29日閲覧。
  9. ^ 主な所蔵リスト 劇映画 邦画篇マツダ映画社、2013年3月29日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]