富田和成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

冨田 和成(とみた かずまさ、1982年9月 - )は、日本実業家。株式会社ZUU創業者・代表取締役社長兼CEO。ソニー銀行イノベーション賞受賞、amazonランキング大賞2017入賞。

人物・経歴[編集]

神奈川県川崎市生まれ[1]神奈川県立多摩高等学校卒業後[2]、1年間の大学受験浪人生活を経て[3]一橋大学経済学部在学中、ソーシャル・マーケティング広告事業のIN2を創業。2006年大学を卒業し野村證券株式会社入社。2011年イェール大学EMBAコース短期集中プログラム卒業。同年シンガポール経営大学経営大学院卒業[4][5][3][1]経営学修士MBA[6][1]

野村證券では荻窪支店を経て本社プライベートバンク部門に勤務。2010年からシンガポール華僑を担当。その後タイ駐在としてリテール部門の東南アジア戦略を担当したのち、本社ウェルスマネジメント部門を経て、2013年退社[4][7][3]

2012年ZUUを創業。2013年株式会社ZUU設立、同社代表取締役社長[4][1]富裕層向け金融情報サイトZUU onlineの運営やフィンテック支援コンサルティング事業などを手掛ける。2016年にはシンガポールに子会社を設立。2018年東京証券取引所マザーズに上場[8][9]

一橋大学大学院国際企業戦略研究科寄附講義「FinTechとイノベーション」ゲストスピーカーなども務めた。金融イノベーションビジネスカンファレンス2015ソニー銀行イノベーション賞受賞[10][11]

小学校時代からサッカーに打ち込み川崎市選抜に選ばれるなどしたため、プロサッカー選手を目指していたことがあるが、高校3年のとき受けたプロテストには不合格となる。その後、大学1年次にもア式蹴球部で活動していたが、ヘルニアを患いプロになることを断念した[3]

著書[編集]

  • 『鬼速PDCA』クロスメディア・パブリッシング 2016年 ※amazonランキング大賞2017上半期 本6位[12]
  • 『大富豪が実践しているお金の哲学』クロスメディア・パブリッシング 2016年
  • 『営業』クロスメディア・パブリッシング 2017年
  • 『プライベートバンクは、富裕層に何を教えているのか?』ダイヤモンド社 2017年
  • 『稼ぐ人が実践しているお金のPDCA』KADOKAWA 2018年
  • 『図解 鬼速PDCA』クロスメディア・パブリッシング 2018年

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 「【前編】世界一になるには英語は必須/ZUU代表取締役社長 冨田和成さん」聞き手:株式会社レアジョブCEO 加藤智久レアジョブ2015/06/01)
  2. ^ 「全国高校サッカー選手権大会~自身の原点~」ZUU社長 冨田和成の鬼速ブログ
  3. ^ a b c d 「プロサッカー選手になる夢への挫折の後に起業【世の中を熱くする冨田氏の学生時代】」HITPORT
  4. ^ a b c 「2013年9月7日・10月19日開催 現役証券営業マン支援セミナー「B/S(バランスシート)で稼ぐ! 突破口はここにある。」~新規開拓アプローチ手法~主催:株式会社リスクマネジメント・ラボラトリー」楽天証券
  5. ^ 竹中平蔵山口正洋・冨田和成「竹中教授「日本のフィンテックがダメな理由」」東洋経済オンライン2016年06月07日
  6. ^ 「稲門法曹会メールマガジン 第43号 No.2016-06」早稲田大学稲門法曹会
  7. ^ 「冨田和成 株式会社ZUU ‐ 中小企業の海外進出について 海外進出のパターンと最近のトレンド」企業物語メディア2014年11月23日
  8. ^ 「ZUUの冨田和成代表「金融機関の営業を効率化」」2018/6/13 7:30日本経済新聞
  9. ^ 「ZUU(4387)の実力診断ネットメディア運営とフィンテック化支援が2本柱」会社四季報オンライン
  10. ^ 寄附講義「FinTechとイノベーション」ゲストスピーカー一橋大学国際企業戦略研究科
  11. ^ 「金融マン必見、富裕層・経営者ビジネスを強化するスクール開講」
  12. ^ 「amazonランキング大賞2017上半期 本」amazon.co.jp