安田育生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安田 育生(やすだ いくお、1953年4月28日 - )は、日本の企業家、学者。M&Aに長く携わり、日本のM&Aの草分け的存在。元リーマン・ブラザーズ日本代表。

概要[編集]

京都府出身。京都教育大学附属京都小学校同中学校京都教育大学附属高等学校を経て、1977年に一橋大学経済学部を卒業し、日本長期信用銀行入行。同行でM&A部次長等を歴任。23年以上のM&A業務の経験を持ち、長銀破綻後は、リーマン・ブラザーズ日本代表等を経て、M&Aアドバイス専門会社ピナクル株式会社を2004年に設立。2017年には、株式売却により同社を東海東京フィナンシャル・ホールディングス子会社化した[1]

M&Aに関するコメンテーターとして、『NEWS23』『スーパーニュース』『みのもんたの朝ズバッ!』『ワールドビジネスサテライト』『NHKニュースウォッチ9』『報道2001』『スタ☆メン』など多数のテレビ出演がある。雑誌対談、講演も多数こなしている。

経歴[編集]

他に神奈川難病財団理事、株式会社おぴネット取締役、特定非営利活動法人薔薇香る癒しのまち岩見沢理事等も務める。経済同友会、東京ロータリーにも所属。

この間スイスIMD(国際経営開発研究所)や一橋大学国際医療福祉大学でも教鞭をとる。

脚注[編集]