宇野淑子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宇野 淑子(うの よしこ、1942年3月18日[1] - )は、日本アナウンサージャーナリスト女優

東京都立川市出身。岡山県立岡山操山高等学校卒業。東京教育大学文学部卒業[2]

1964年4月、TBSにアナウンサー9期生として入社。2002年3月定年退職まで同社のアナウンサーとして活躍。民放で定年まで勤め上げた初の女性アナウンサーである。

クールな中に情感と色気を湛えた品のあるアルト。人を癒す声を目指し、理性的であり、かつ又感情豊かな声の表現者として活躍する。TBSを退職後、大谷美智浩作演出の舞台『お熱い夜はいかが?』で初舞台を踏み女優としての活動を広げ、2003年には壤晴彦が主宰の演劇倶楽部『座』の活動に参加。[2]

略歴[編集]

戦争疎開で岡山県へ。以後高校卒業まで岡山市(旧都窪郡吉備町)で送る。東京教育大学卒業後、1964年4月、TBSにアナウンサー9期生として入社(同期に石川顯大沢悠里小島康臣平原晋太郎桝井論平高階玲子二村義子山田照子吉野好子[3][4]1966年1月、ラジオ局放送部兼テレビ編成局アナウンス部[5]1967年11月15日、アナウンサー研修室設置に伴いラジオ局第一制作部勤務者兼アナウンサー研修室付に[6]1969年3月、放送部兼第一制作部兼第二制作部兼アナウンサー研修室付、1970年7月、ラジオ本部アナウンス室、1989年1月、報道総局アナウンス部兼ラジオ総局情報制作局ニュース・情報センター部、1991年5月、アナウンスセンター兼ラジオ制作局にそれぞれ配属[5]2000年4月クリエイティブ・メディア・エージェンシーに出向[1]

1988年第二次世界大戦後、サハリンに残留した人々について、継続的に注目し続け、ラジオドキュメンタリーやテレビ報道番組の特集に結実、第14回放送文化基金賞ラジオドキュメンタリー番組優秀賞[7]や第36回日本民間放送連盟賞番組部門ラジオ報道番組優秀賞[8]、第14回'88JNNアノンシスト賞グランダ・プレミオを受賞[5]。テレビでは報道番組のナレーションを中心に担当。

2002年3月、TBSを定年退職6月、『お熱い夜はいかが?』で女優に初挑戦する[9]

出演番組[編集]

参加作品[編集]

ピチカートファイブアルバムCD overdoseにてナレーションとして参加した

舞台[編集]

  • 晴風会玄奥尺八公演(1995年 - )語り
  • 吉田秀穂作演出アナウンサー朗読劇 コトバの園〜言霊たちの夜(1999年) 
  • 吉田秀穂作演出アナウンサー朗読劇 プラットホーマーたちの朝(2000年)
  • 大谷美智浩作演出 お熱い夜はいかが?(2002年)
  • 演劇倶楽部『座』紀伊国屋ホール公演 詠み芝居(2003年)
  • 演劇倶楽部『座』草月ホール公演 肝っ玉おっ母とその子どもたち(2004年)
  • 演劇倶楽部『座』シアターV赤坂公演 おたふく(2006年)
  • 朗読 夢の時間(2006年 - )
  • 紫紺倶楽部 朗読の世界(2011年 - )

ビブリオグラフィ[編集]

著書[編集]

  • 離別の四十五年〜戦争とサハリンの朝鮮人(1990年、潮出版社)
  • 私の介護家族戦争(2002年、講談社

脚注[編集]

  1. ^ a b CMA Album アナウンサー/キャスター”. 2000年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月1日閲覧。
  2. ^ a b 演劇倶楽部『座』 - 宇野淑子プロフィール”. 2009年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月1日閲覧。
  3. ^ 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、237頁。「1964.4<9期生> 10人入社(男5・女5) 石川 顯 大沢悠里 小島康臣 平原晋太郎 桝井貞之 宇野淑子 高階玲子 二村義子 山田照子 吉野好子」
  4. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、16-18頁。「64.4 <9期生>10人入社(男5・女5) 石川 顯 大沢 悠里 小島 康臣 平原晋太郎 桝井 貞之 宇野 淑子 高階 玲子 二村 義子 山田 照子 吉野 好子」
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、17頁。「宇野 淑子…[66.1R局放送部兼TV編成局アナウンス部][67.11R局第一制作部兼アナウンサー研修室付][69.3 放送部兼第一制作部兼第二制作部兼アナウンサー研修室付][70.7R本部アナウンス室][89.1 報道総局アナウンス部兼R総局情報制作局ニュース・情報センター部][91.5 アナウンスセンター兼R制作局] R「ニュースショー(69)」「おはよう片山竜二です(75)」「郷愁のうた〜ノスタルジック・サウンド〜(77)」「ラジオエッセイ(78)(85)」「朝の口笛(80)」「民謡まつり暦(82)」「はやおき倶楽部(86)」「お昼のニュースステーション」 ★「ニューススペシャル〜待ちわびるハルモニたち〜」<第14回'88アノンシスト賞 グランダ・プレミオ賞受賞> TV「芸能ニュース(70)」「東京エコー(70)」「これが世界だ(70)」「向こう三軒両隣り(77)」「テレポート6<リポーター>(77)」「11時にあいましょう(78)」「週間ニュース特集(78)」「CBSドキュメント」」
  6. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、22頁。「1967年11月15日 『アナウンサー研修室』設置 <ラジオ局第一制作部勤務者兼アナウンサー研修室付> 榎本勝起、仁村秀雄、麻生雅子、田淵 威、清水将夫、鈴木史郎、古村朋子、大沢悠里、桝井貞之、宇野淑子、高階玲子、二村義子」
  7. ^ 「VII 各種表彰 1.外部団体の表彰」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、283頁。「放送文化基金賞 1988年 第14回 ラジオドキュメンタリー番組 優秀賞「ハルモニたちは今」サハリン残留韓国人、留守家族を追って/宇野淑子」
  8. ^ 「VII 各種表彰 1.外部団体の表彰」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、279頁。「民放祭賞、日本民間放送連盟賞 1953年〜 1988年 第36回日本民間放送連盟賞 番組部門 ◆ラジオ報道番組 優 秀「待ちわびるハルモニたち」/宇野淑子、里見恭夫、湯河俊明、河野晃」
  9. ^ “TBS退社、元“熟女”アナの気骨”. 夕刊フジ. (2002年4月9日). http://www.zakzak.co.jp/geino/n-2002_04/g2002040903.html 2014年11月1日閲覧。 
  10. ^ a b c d e 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、237頁。「宇野淑子 R「おはよう片山竜二です」「Nスペシャル〜待ちわびるハルモニたち〜」 TV「これが世界だ(1970)」「週間ニュース特集(1978)」「CBSドキュメント」」

参考文献[編集]

  • 『TBS50年史』 東京放送、東京放送、2002年1月

外部リンク[編集]