威剛科技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
威剛科技
ADATA Technology
本社所在地 台湾の旗 台湾
台湾新北市中和区連城路258号
設立 2001年
業種 フラッシュメモリDRAMモジュール製造
代表者 会長兼CEO:陳立白
従業員数 2000人
外部リンク http://www.adata-group.com/jp/
テンプレートを表示

威剛科技(英名:ADATA TechnologyTSEC:3260)は、台湾に本社を置くメモリメーカー。

中核製品はDRAMモジュールUSBフラッシュメモリーSSDやメモリーカードなど各種フラッシュメモリ製品。DRAMモジュール市場の販売シェアはキングストンテクノロジーに次ぐ世界第2位。

概要[編集]

2001年5月に会長兼CEO 陳立白によって設立。20名ほどの従業員で創業した。

2002年には台湾初のDDR400 SDRAMモジュールを製品化、2005年にはDDR533 SDRAM モジュールを製品化してメモリ製品の生産を拡大。2007年に収益が13億米ドルを突破したことを発表。フラッシュメモリ業界ではいち早く『サポートサービス』と『終身保証(永久保証)』を打ち出してシェアを拡大させた。

オーバークロック化に最適化されたハイエンドDRAMメモリーモジュールをはじめ、指紋認証USBメモリーや太陽熱メモリディスクなど新製品開発にも取り組み、国際市場でも販売している。

ウォルト・ディズニー・カンパニーと共同開発したとされるUSBフラッシュメモリー、メモリカード、デジタルフォトフレームなどDisneyシリーズの製造、販売も行う。

沿革[編集]

  • 2001年5月17日 - A-DATA Technology社 設立。メモリーモジュールの開発、製造を開始する。
  • 2004年10月8日 -台湾証券取引所に上場。
  • 2005年4月 - 業界初の無鉛製造工程によるエコメモリモジュールを発売。ISO 14001国際認証を受ける。
  • 2005年9月 - 「台湾国際ブランド価値調査」のトップ 20 グローバルブランド にランクイン。
  • 2008年1月 - A-DATA製USBフラッシュドライブのラインアップ刷新に伴い、新しいロゴを発表。
  • 2009年11月 - インテル製フラッシュメモリディスクを採用したSSD製品を発売。

製品[編集]

外部リンク[編集]