女子たちに明日はない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
女子たちに明日はない
チャットモンチーシングル
初出アルバム『下記参照
B面 バスロマンス・春夏秋
リリース
規格 CDシングル
ジャンル J-POP
レーベル Ki/oon Records
プロデュース いしわたり淳治
チャート最高順位
チャットモンチー シングル 年表
シャングリラ
2006年
女子たちに明日はない
2007年
とび魚のバタフライ/世界が終わる夜に
2007年
テンプレートを表示

女子たちに明日はない」(じょしたちにあすはない)は、チャットモンチーの4枚目のシングル2007年4月18日Ki/oon Recordsから発売。

概要[編集]

初回限定盤のみ、蛍光印刷&スーパーピクチャーレーベル仕様で発売された。

PVは、メンバーが女子エキストラ100人と雛壇で斉唱するものになっている。

収録曲[編集]

  • 全作曲:橋本絵莉子、全編曲:チャットモンチー
  1. 女子たちに明日はない
    作詞:福岡晃子
    • 日本テレビ系『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』2007年4月度エンディングテーマ
    • 今作発売の約1年半前に既に原型が出来上っており、『耳鳴り』のレコーディング時には、ほぼ今の形になっていたという。タイトルの意味は、暗い意味ではなく、「今日のことは明日に回さず今日やってしまえ」というポジティブな意味が込められている。
    • この曲は3人によるユニゾンから始まる。この案は、当初は、「ギャルバンっぽく見られる」と懸念していたが、「曲がかっこいい」ということでやってみたという。
  2. バスロマンス
    作詞:高橋久美子
    • ロッテガーナミルクチョコレート」CMソング
    • 高橋の友人の結婚式に着想を得て書かれた曲。のちに高橋自身の結婚式でも演奏された。2ndアルバム『生命力』には、カップリング曲としては唯一収録されている。
  3. 春夏秋
    作詞:橋本絵莉子

収録アルバム[編集]

参考文献[編集]