失敗博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
失敗博物館のロゴ

失敗博物館(しっぱいはくぶつかん。英語: Museum of Failure[1]は、創設者で臨床心理士のサミュエル・ウエスト(Samuel West)が自分で収集した、失敗した製品サービスコレクションである[2][3]。失敗した事物を見ることで、「失敗」がイノベーションに重要な役割を果たしていることや、失敗から学ぶことが組織に改善を促した実例を知ってもらおうとしている。失敗博物館は、その風変わりなコレクションから国際的に注目を浴びている[4][5][6][7]

失敗博物館は、一部、スウェーデン・イノベーションシステム庁英語版 (Vinnova)からの出資も受けている[8]

歴史[編集]

サミュエル・ウエストは、2016年に訪れたクロアチアザグレブにある失恋博物館[9]から失敗博物館の発想を得た。

最初の展示は2017年6月7日から、スウェーデンヘルシンボリで行われた[10]。2017年にロサンゼルスと、ハリウッドHollywood & Highland Center英語版で特別展を開催した[11]後、2018年にヘルシンボリに戻り、Dunkers Kulturhusenで展示された[1]2019年には上海上海市第一百貨商店中国語版[12]のほか、パリシテ科学産業博物館で、他の面白い失敗に関する品々とともに「失敗フェスティバル(Les Foirés festival des flops, des bides, des ratés et des inutiles)」と題した展示が行われた[13]。その後、ワシントンD.C.ミネアポリスなどでも展示が行われている[1]

2020年には新型コロナウイルス感染症により世界中のほとんどの博物館が閉館を余儀なくされたため、無料のコレクション展示を開始した[14]

展示物の例[編集]

その他[編集]

失敗学を立ち上げた日本の工学者の畑村洋太郎は、失敗博物館の設立を提唱していた[23]

脚注[編集]

  1. ^ a b c About”. Museumoffailure.se. Museum of Failure. 2022年2月1日閲覧。
  2. ^ a b c d 「失敗博物館」に殿堂入りした日本製品”. ビジネス インサイダー ジャパン. メディアジーン. 2022年2月1日閲覧。
  3. ^ 松丸さとみ (2017年4月18日). “失敗を笑って失敗に学べ、スウェーデンに失敗博物館が登場”. ニューズウィーク日本版. CCCメディアハウス. 2022年2月1日閲覧。
  4. ^ The Museum of Failure in Sweden argues that real innovation requires failure — Quartz”. Qz.com (2017年4月13日). 2017年5月3日閲覧。
  5. ^ Vonberg, Judith (2017年4月6日). “Museum showcases innovation failures”. Edition.cnn.com. CNN. 2022年2月1日閲覧。
  6. ^ The Museum of Failure showcases — and celebrates — really terrible ideas - Home | As It Happens | CBC Radio”. Cbc.ca (2017年4月6日). 2012年2月1日閲覧。
  7. ^ Sweden to open 'Museum of Failure' showcasing flop products”. Thelocal.se (2017年4月5日). 2012年2月1日閲覧。
  8. ^ Museum of Failure” (スウェーデン語). Vinnova.se (2017年2月27日). 2017年5月3日閲覧。
  9. ^ Största flopparna: Segway, cashkort och plastcykel | SvD”. Svd.se. 2017年5月3日閲覧。
  10. ^ a b Sweden's Museum of Failure highlights products that flopped”. Washington Post (2017年6月12日). 2017年6月13日閲覧。
  11. ^ “The Museum of Failure Has a New Home at Hollywood & Highland”. (2018年3月8日). http://www.welikela.com/the-museum-of-failure-at-hollywood-highland/ 2022年2月1日閲覧。 
  12. ^ Group, SEEC Media. “5 excellent fails at the newly opened Museum of Failure”. www.timeoutshanghai.com. 2022年2月1日閲覧。
  13. ^ Des flops au top ! - Les foirés - Événements passés - Ressources - Cité des sciences et de l'industrie” (フランス語). www.cite-sciences.fr. 2019年12月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年5月6日閲覧。
  14. ^ Farago, Jason (2020年4月23日). “Now Virtual and in Video, Museum Websites Shake Off the Dust”. The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2020/04/23/arts/design/best-virtual-museum-guides.html 2020年5月6日閲覧。 
  15. ^ Back to the failure”. Museum of Failure. 2022年2月1日閲覧。
  16. ^ New Coke”. Museum of Failure. 2022年2月1日閲覧。
  17. ^ Nokia N-Gage”. Museum of Failure's Collection. Museum of Failure. 2022年2月1日閲覧。
  18. ^ Toilet time”. Museum of Failure. 2022年2月1日閲覧。
  19. ^ The evil eye”. Museum of Failure. 2022年2月1日閲覧。
  20. ^ Atari – E.T. The Game”. Museum of Failure's Collection. Museum of Failure. 2022年2月1日閲覧。
  21. ^ Apple Pippin”. Museum of Failure's Collection. Museum of Failure. 2022年2月1日閲覧。
  22. ^ Toshiba HD DVD”. Museum of Failure's Collection. Museum of Failure. 2022年2月1日閲覧。
  23. ^ 畑村洋太郎「失敗学のすすめ」『動力・エネルギー技術の最前線講演論文集 : シンポジウム』第2004.9巻、日本機械学会、2004年、 1-8頁、 doi:10.1299/jsmepes.2004.9.1。“知識と体験を与える場、たとえば失敗博物館(失敗体験館)が有効”

関連文献[編集]

  • Danner, J., & Coopersmith, M. (2015). The Other "F" Word: How Smart Leaders, Teams, and Entrepreneurs Put Failure to Work. John Wiley & Sons.
  • Cannon, M. D., & Edmondson, A. C. (2005). Failing to learn and learning to fail (intelligently): How great organizations put failure to work to innovate and improve. Long Range Planning, 38(3), 299–319.
  • Khanna, R., Guler, I., & Nerkar, A. (2016). Fail often, fail big, and fail fast? Learning from small failures and R&D performance in the pharmaceutical industry. Academy of Management Journal英語版, 59(2), 436–459.
  • What Google Learned From Its Quest to Build the Perfect Team, New York Times, 28 February 2016.
  • Frazier, M. L., Fainshmidt, S., Klinger, R. L., Pezeshkan, A., & Vracheva, V. (2017). Psychological safety: A meta‐analytic review and extension. Personnel Psychology英語版, 70(1), 113–165.
  • Agarwal, P., & Farndale, E. (2017). High‐performance work systems and creativity implementation: the role of psychological capital and psychological safety. Human Resource Management Journal.
  • West, S., & Shiu, E. C. C. (2014). Play as a facilitator of organizational creativity. Creativity research: An inter-disciplinary and multi-disciplinary research handbook (2014), 191–206.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]