太皷谷稲成神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
太皷谷稲成神社
太皷谷稲成神社拝殿
拝殿
所在地 島根県鹿足郡津和野町後田409
位置 北緯34度27分55.5秒
東経131度46分09秒
主祭神 宇迦之御魂命
伊弉冉尊
社格 郷社・別表神社
創建 安永2年(1773年
例祭 11月15日
主な神事 初午大祭
テンプレートを表示
全景。参道には約1000本の朱塗りの奉納鳥居が連なる[1]

太皷谷稲成神社(たいこだにいなりじんじゃ)は、島根県鹿足郡津和野町にある神社である。旧社格郷社。通称「津和野おいなりさん」。全国で唯一「いなり」を「稲成」と表記するとされる。宇迦之御魂神稲荷神)と伊弉冉尊を祀る。日本五大稲荷の一つに数えられ、出雲大社に次いで県内2位の年間参拝客を数える[1]

歴史[編集]

安永2年(1773年)、津和野藩7代藩主亀井矩貞が、藩の領民安寧のために京都の伏見稲荷大社から勧請を受け、三本松城(津和野城)の鬼門に当たる太皷谷の峰に社を創建したのに始まる。以降、歴代藩主の崇敬を受け、廃藩後は庶民も参拝できるようになり、中国地方有数の稲荷神社となった。現在は「日本五大稲荷」を称している(他の4社は伏見稲荷大社・笠間稲荷神社竹駒神社祐徳稲荷神社)。

昭和10年(1935年)に郷社に列格した。拝殿、本殿は昭和44 年(1969)に建て直された[1]

社名[編集]

津和野城の城山の一角に位置し、江戸期には時刻を知らせる太鼓が鳴り響いた谷間であったことから太鼓谷と呼ばれる[2]。「稲成」と表記するのは、願い事が叶うようにとの思いからとされる[2]

祭事[編集]

  • 2月初午 初午大祭
  • 3月旧初午 旧初午祭
  • 5月15日 春季大祭
  • 11月15日 例祭
  • 11月16日 秋季大祭

など

文化財[編集]

島根県指定有形文化財[1]
天球儀、地球儀 - 堀田仁助
紙本著色日本国地理測量之図、紙本著色東三拾三国沿岸測量之図 - 伊能忠敬の測量図を高橋景保が模写したもの

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 太皷谷稲成神社公益社団法人 島根県観光連盟
  2. ^ a b 御由緒太皷谷稲成神社

外部リンク[編集]