亀井茲常

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
亀井茲常
Koretsune Kamei.jpg
亀井茲常(1913年10月)
生年月日 (1884-04-17) 1884年4月17日
出生地 日本における郵船商船規則の旗 日本島根県鹿足郡津和野
没年月日 (1942-05-02) 1942年5月2日(58歳没)
出身校 東京帝国大学
称号 伯爵
配偶者 亀井久
子女 亀井茲建
伊地知正勝
松平近義

大日本帝国の旗 式部官
在任期間 1909年 - 1929年

大日本帝国の旗 主猟官
在任期間 1912年 - 1929年
テンプレートを表示

亀井 茲常(かめい これつね、明治17年(1884年4月17日[1] - 昭和17年(1942年5月2日)は、日本華族宮内官僚亀井家第14代当主。爵位伯爵東京市渋谷区千駄谷町穏田居住していた。元政治家の亀井久興は孫にあたる。

生涯[編集]

第13代当主亀井茲明の子として島根県鹿足郡津和野に生まれる。

1909年(明治42年)に東京帝国大学文科大学哲学科を卒業、式部官に任じられ皇室の式典及び語学研究のため欧米を歴遊。1912年に帰国後、主猟官を兼ねた。

後に東宮侍従に任じられ、1921年大正10年)には皇太子裕仁親王の海外巡遊に際し随行を命じられた。1929年昭和4年)、官を辞す。

昭和17年(1942年5月2日)に死去。墓所は津和野町の亀井家墓所にあり、崇賢院殿忠誠茲常大居士の戒名を贈られた。

その他[編集]

山形県米沢市上杉博物館に、岳父となる上杉茂憲が亀井邸を3人の娘と訪れ、茲常と3人の妹が庭園で接待する写真が残されている。当時の華族階級での見合い形式の一端がうかがえる。茲常が妻の久と結婚したのは、このすぐ後である。

妻・久の御輿入道具(上杉家の竹に雀紋入)と長女・修子生誕時のお食い初め道具(亀井家の四ツ菱紋入)は保存され、太皷谷稲成神社宝物殿に並び展示されている。

栄典[編集]

家族・親族[編集]

出典[編集]

  1. ^ 平成新修旧華族家系大成』上巻(霞会館、1996年)p.451
  2. ^ 『官報』第7460号「叙任及辞令」1908年5月12日。
  3. ^ 『官報』第241号「叙任及辞令」1913年5月21日。

外部リンク[編集]

日本の爵位
先代:
亀井茲明
伯爵
亀井家第2代
1896年 - 1942年
次代:
亀井茲建