高橋景保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上野源空寺にある高橋景保墓(左手前)。奥に高橋至時・伊能忠敬の墓が並んでいる。

高橋 景保(たかはし かげやす、天明5年(1785年) - 文政12年2月16日1829年3月20日))は、江戸時代後期の天文学者。通称、作左衛門。天文学者である高橋至時の長男として大坂に生まれた。渋川景佑の兄。

生涯[編集]

文化元年(1804年)に父の跡を継いで江戸幕府天文方となり、天体観測測量、天文関連書籍の翻訳などに従事する。

文化7年(1810年)、「新訂万国全図」を制作した(銅版画制作は亜欧堂田善)。一方で伊能忠敬の全国測量事業を監督し、全面的に援助する。忠敬の没後、彼の実測をもとに『大日本沿海輿地全図』を完成させる。

文化8年(1811年)、蛮書和解御用の主管となり、「厚生新編」を訳出する業務を始めている。文化11年(1814年)には書物奉行兼天文方筆頭に就任したが、文政11年(1828年)のシーボルト事件に関与して10月10日に伝馬町牢屋敷に投獄され、翌文政12年(1829年)2月16日に獄死している。享年45。獄死後、遺体は塩漬けにされて保存され、翌年3月26日に、改めて引き出されて罪状申し渡しの上斬首刑に処せられている。このため、公式記録では死因は斬罪という形になっている。

上野源空寺。高橋至時・伊能忠敬・高橋景保の大日本沿海輿地全図組三人頭の墓地が並んでいる。

高橋景保を題材とした作品[編集]

  • 二宮陸雄『高橋景保一件 - 幕府天文方書物奉行』(愛育社、2005年) ISBN 475000233X

高橋景保が登場する作品[編集]

関連項目[編集]