太田隆文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

太田 隆文(おおた たかふみ、1961年 - )は、和歌山県田辺市出身の日本映画監督脚本家[1]

来歴[編集]

  • 4歳のとき和歌山市へ引っ越し、その後も日本国内を転々とする。1985年にアメリカの南カリフォルニア大学映画科へ留学し、ハリウッド式の映画作りを学ぶ。
  • 帰国後、1995年にハリウッド制作時代劇『GAI-JIN・開国』(米NBC)にスタッフとして参加する。同年、水野美紀主演のユーモア・ミステリー『アルティメット・クライシス』で脚本家デビューする。その後、『女子高生コンクリート詰め殺人事件』などを担当する。
  • 1998年、連続テレビドラマ『風の娘たち』で監督デビューする。その後、モーニング娘。のドキュメンタリーなどで活躍、「若い女の子をいきいきと描く」と高い評価を得る。
  • 2003年には大林宣彦監督の『理由』のドキュメンタリーを担当する。他にも『怪談新耳袋』などを手がけ、ホラー演出で評価される。
  • 2001年より、自らプロデュサーとなり製作費を集め、6年がかりで故郷の田辺市を舞台にした青春ファンタジー映画『ストロベリーフィールズ』を監督する。
  • 2006年、『ストロベリーフィールズ』が公開され、劇場映画デビューを果たす。同作品は和歌山東京名古屋大阪札幌福井で公開され、カンヌ映画祭のフィルムマーケットでも上映された。その後、出演者の谷村美月佐津川愛美らメイン俳優4人もブレイクし、新人女優発掘監督としても注目を浴びる。
  • 2007年、地元の和歌山県から、きのくに芸術賞を受賞する。
  • 2010年、4年がかりで青春映画『青い青い空』を製作、監督する。ロケ地の浜松市で10月に公開、3ヶ月を超えるロングランとなり、2万人が劇場に足を運んだ。
  • 2011年3月、『青い青い空』東京公開。4月、ロサンゼルスで開催されたジャパン・フィルム・フェスティバルで上映。
  • 2013年9月、『朝日のあたる家』全国公開。[2]
  • 2014年、『向日葵の丘・1983年夏』撮影(2015年夏公開)[3]

監督作品[編集]

映画[編集]

  • ホラ! 天使がやって来た!(どりいむ・めいかあFILM、1982年) 監督、脚本
  • バイバイ・ミルキー・ウェイ(1983年)監督、脚本
  • ストロベリーフィールズ (製作委員会、2006年) 監督、脚本、編集、製作
  • 青い青い空(製作委員会、2010年) 監督、脚本、編集、製作
  • 朝日のあたる家(2013年) 監督、脚本、編集、製作
  • 向日葵の丘・1983年夏(2015年)監督、脚本、編集、製作

テレビドラマ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • キズナのチカラ/熱血書道教師と新しい書道の形(2008年)

メイキング[編集]

  • 映画「理由」メイキング/理由が映画になった理由
  • 映画「死びとの恋わずらい」メイキング(2000年)
  • ルーズソックス日記(1997年)
  • 「太陽娘と海」メイキング(1998年)

ビデオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ シナリオ作家協会|太田隆文
  2. ^ 太田隆文さん(映画監督)インタビュー|早川洋平
  3. ^ 映画.com|常盤貴子、バブル直前1983年の静岡を舞台にした青春映画に主演

外部リンク[編集]