朝日のあたる家 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
朝日のあたる家
The House of Rising Sun
監督 太田隆文
脚本 太田隆文
製作 「朝日のあたる家」を支援する会
出演者 並樹史朗
斉藤とも子
平沢いずみ
橋本わかな
いしだ壱成
山本太郎
音楽 サウンドキッズ
撮影 三本木久城
編集 太田隆文
製作会社 青空映画舎
配給 渋谷プロダクション
公開 2013年9月14日より全国順次
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

朝日のあたる家』(あさひのあたるいえ、英題:The House of Rising Sun)は、2013年日本の映画

概要[編集]

原子力発電所で発生した原子力事故を通して家族の絆を描くドラマ映画である。2013年9月より全国順次公開されたが、それに先行して2013年5月にロサンゼルスのジャパンフィルムフィスティバルで上映されたほか、同年6月に本作のロケ地である湖西市で完成披露上映会が行われ、2日間で3000人の動員を達成した[1]

完成披露上映会後に参議院議員に当選した山本太郎は、「実生活で原発へのアクションをしているので、作品などで表現する必要はないと思っていた」が、本作については、「脚本を読んで、テレビ、新聞などのマスコミ、メディアのスポンサーへの気遣い偏向報道で事実を知ることができていない人たちも、もしかしたらこの作品を通して原発事故の悲惨さが疑似体験できるのではないか」と思い、初めて原発を扱った映画に出演。ロケ地である湖西市での完成披露上映会では、「一刻も早く、静岡の皆さんに観ていただいて、その他の地域の皆さんに観てもらえて、同じことを繰り返してはいけないよという共通の認識になればいいなと思います」と語った[2]

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督・原作・脚本・編集・プロデューサー:太田隆文
  • 撮影:三本木久城、今村互
  • 照明:左納康弘
  • 録音:平島保
  • 美術:竹内悦子
  • 衣裳:村島恵子、三上由希子
  • メイク:宇土圭史、いしいのり子
  • 音楽:遠藤浩二
  • キャスティング:小林良二
  • 助監督:富澤昭文
  • スチール:西郷雅好、小野田武
  • 監修:佐藤大
  • 制作:青空映画舎
  • 配給:渋谷プロダクション
  • 製作:「朝日のあたる家」を支援する会

脚注[編集]

  1. ^ News”. 朝日のあたる家. 2013年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月9日閲覧。
  2. ^ , http://www.cinematoday.jp/page/N0055553 

外部リンク[編集]