天国に行けないパパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

天国に行けないパパ (原題:Short Time)とは、1990年に公開されたアメリカのコメディ映画。

概要[編集]

退職が間近に迫った刑事が、ある誤解から自分に死期が迫ったと思い、家族にお金を残すために殉職を試みる。ところが、なかなか思うようには死ねずに苦労する…と言うコメディ映画。また、主人公が「死の間際」に家族や自分自身を見つめ直すという、心温まる物語でもある。

あらすじ[編集]

シアトル市警察の刑事バート・シンプソンは、一週間後に退職を控えていた。万事慎重なバートは、防弾ベストも二枚重ね。軍の特殊な銃器が強奪された事件の犯人を追尾しても、危険なことはせずに犯人を取り逃がし、満座の中で署長に嫌味をされる程だ。彼には、別れた妻との間に小学生の息子がおり、その子のことを、心から愛している。彼の夢は、息子をハーバード大学に進学させること。ところが、「こんなに早くから、あまりプレッシャーをかけないでと、元妻にいつも言われている。

ある日、生命保険加入の為の事前審査のために、病院を訪れるバート。相棒のアーニーには、「今更生命保険に入ってどうする」と言われるが、自分に何かあっても息子や元妻が経済的に苦しまないように、との彼の思いからだった。

ところが、そこでトラブルが発生する。会社に薬物使用を疑われ、社命により血液検査を受けに来ていたバスの運転手が、マリファナ使用歴を誤魔化すために、自分とバートの血液サンプルを摩り替えたのだ。

それに気付かなかった医者は、そのまま血液検査を行う。その挙句、バートが不治の稀な病気かつ末期症状であり、死が間近であると診断してしまう。

告知を受け、悄然と抜け殻のように病院を出たバート。生命保険にも入れず、将来、息子がハーバードに入るお金がなかったらどうしようかと、絶望の縁に立たされた。

バートは、警察から死亡時の補償金が出ないかと思い、警務課を訪れる。窓口の担当者に尋ねると、30万ドル程度の補償金が出るとの回答を得る。但し、それには条件があった。「職務中の死亡に限り」というのだ。つまり、殉職した場合のみ、遺族に補償金が出るということ。

自分の死は間もなく訪れ、息子に残してやる金もない。バートは、退職までの間に殉職することを決意する。

手始めに、バートはシアトルで最も危険な地域でのパトロールを志願した。いつもは慎重なバートの鬼気迫る姿に、事情を知らない署長は、驚きつつも「退職する前は誰でも不安になる」と慰めるが、言うことを聞くバートではない。とうとう、彼は根負けして、パトロール任務を課すものの、老齢夫婦の些細な喧嘩に呼び出されるなど、まともな事件にありつけない。

その時無線が入った。武装強盗が車で逃走し、パトカーが追尾していると言うのだ。

「管轄外だぞ!」という相棒の制止も聞かず、翻弄される相棒を一人残すと、バートは殉職するために覆面パトカーを走らせる。高速道路での危険な追尾に割り込んだバートは、追尾中のパトカーを押しのけてまで先頭に立ち、被疑者を猛追する。ところが「不幸にも」、被疑者が発砲する弾丸は、バートには一発も当たらず、インターチェンジで覆面パトカーが転倒しても、本人は傷一つ負わない。これでは殉職にならないので、さらに猛追し、市街地で危険かつ壮絶なカーチェイスを続ける。ついには、犯人の車と衝突して両車共に大破。犯人は重傷で病院送りになったものの、バートは傷一つ負わなかった。

彼は、不本意ながらも生き延びてしまい、殉職者遺族補償金ではなく、シアトル市警の勲章を貰ってしまう。

その後も、数回に亘って殉職を試みるものの、肝心の補償金を貰う機会は訪れず、皮肉にも不要な勲章だけが増えて行くバート。だが、死期が迫ると思ったことで、自分自身、そして家族を見つめ直し、元妻や息子に対する態度も変わって行くのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
バート・シンプソン刑事 ダブニー・コールマン 阪脩
アーニー・ディルス刑事 マット・フリューワー 千田光男
警部 バリー・コービン 村松康雄
キャロライン・シンプソン テリー・ガー 宗形智子
スターク ザンダー・バークレー 沢木郁也
ダギー カジー=エリック・エリクセン 大谷育江
スケイルス ジョー・パントリアーノ 菅原正志

その他、津田英三梁田清之小野健一辻親八相沢恵子相沢正輝田原アルノ稲葉実真殿光昭火野カチコ磯辺万沙子伊井篤史塚田正昭

テレビ放送:1993年6月30日 TBSテレビ水曜ロードショー

スタッフ[編集]

  • 監督:グレッグ・チャンピオン
  • 製作:トッド・ブラック
  • 脚本:ジョン・ブルメンタール、マイケル・ベリー
  • 製作総指揮:ジョー・ワイザン、ミッキー・ボロフスキー
  • 撮影:ジョン・J・コナー
  • 音楽:アイラ・ニューボーン
  • 編集:フランク・モリス、マイケル・リップス

関連項目[編集]

外部リンク[編集]