大辻康太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大辻 康太(おおつじ こうた、1990年8月4日 - )は、兵庫県播磨町出身の、日本柔道選手である。組み手は左組み。得意技は背負投。階級は90kg級[1][2]。現在は日本エースサポートに所属。また、桐蔭横浜大学柔道部のコーチも務めている[3]

経歴[編集]

柔道は小学校2年の時に播磨町柔道倶楽部で始めた[1][4]二見中学から桐蔭学園高校へ進むと、3年の時にインターハイ73kg級に出場するも、3回戦で敗れた。なお、高校時代の同期には西山大希がいた[2]。2009年に埼玉大学へ進学すると、4年の時には学生体重別で優勝を飾った。この際に、先々に攻める柔道スタイルから繰り出される大内刈小内刈はスピードがあり、また、背負投一本背負投に入るタイミングもうまいと評された[2]。2013年には日本エースサポート所属となった。81kg級ながら関東予選で優勝を果たして全日本選手権に出場するものの、初戦で綜合警備保障小林大輔に合技で敗れた。2014年の講道館杯では90kg級で5位に入った。2015年の講道館杯では2回戦でロンドンオリンピック銅メダリストである新日鐵住金西山将士を破るなどして決勝まで進むと、筑波大学4年の小林悠輔を指導3で破り、強化指定選手にも入っていない伏兵ながら初優勝を飾った[4]。12月のグランドスラム・東京では2回戦でオランダの選手に敗れた[5]

戦績[編集]

(出典[2]JudoInside.com)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]