大汝牟遅神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大汝牟遅神社
Onamuchi shrine.JPG
所在地 鹿児島県日置市吹上町中原2263
位置 北緯31度30分53.0秒
東経130度21分0.6秒
座標: 北緯31度30分53.0秒 東経130度21分0.6秒
主祭神 大己貴神 他7柱
社格 旧郷社
創建 不明
本殿の様式 入母屋造
別名 宮内八幡
例祭 11月25日
主な神事 流鏑馬神事(11月23日)
地図
大汝牟遅神社の位置(鹿児島県内)
大汝牟遅神社
大汝牟遅神社
テンプレートを表示

大汝牟遅神社(おおなむちじんじゃ)は鹿児島県日置市吹上町中原にある神社

祭神[編集]

大己貴神仲哀天皇神功皇后応神天皇仁徳天皇玉依姫命、ほか2柱を祀る。

沿革[編集]

当初ここに邇邇芸尊がおとずれ大神神社勧請し、その後文治2年(1186年)に島津忠久鶴岡八幡宮から八幡神を勧請したとされる。発祥は判然としないが、室町時代には地元を支配していた島津氏分家の一つ・伊作家の尊崇を受けるようになった。

参道はの巨木が群生しており「千本楠」と呼ばれている。

祭祀[編集]

  • 流鏑馬神事 - 天文7年(1538年)、島津忠良の祈願成就を記念して奉納されるようになったという流鏑馬の神事が11月23日に斎行される。かつては地元の宮下家、宮内家が隔年交代で奉仕していたが、近年後継者不足により保存会によって奉納されている。昭和56年(1981年)3月27日に鹿児島県の無形民俗文化財に指定された。

宝物[編集]