大橋鎭子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大橋鎮子から転送)
移動先: 案内検索

大橋 鎭子(おおはし しずこ、1920年3月10日 - 2013年3月23日)は、日本の編集者エッセイスト暮しの手帖社社主・元社長で同社の雑誌『暮しの手帖』を創刊した。妹の大橋芳子も同社創業メンバーの一人で、エッセイスト。

経歴[ソースを編集]

父、大橋武雄は岐阜県出身で10歳のときに東京深川の材木商大橋谷吉の養子となり、北海道帝国大学農学部卒業後に1919年4月中越製布(現、日本製麻)に就職。母、宮原久子は小樽育ちで女子美術学校出身で、北海道時代に大橋武雄と知り合い1919年5月結婚。1920年(大正9年)3月10日 大橋 鎭子は東京麹町の榊病院で生まれる[1]。父親が北海道の工場長となったため、1才で北海道に移住。一家はその後北海道を転々と転勤生活をしていたが、父親が肺結核になったため、東京に戻り、小学5年生の時に父が死去。父が亡くなるまでの5年間療養所を求めて、伊東鎌倉大森などを転々とし、家族で看病に明け暮れる経験をした[2]大井町に落ち着き、父が1930年(昭和5年)に死去すると、11歳でその喪主を務めた[3]

東京府立第六高等女学校(現東京都立三田高等学校)を1937年に卒業。後輩の石井好子とはその後も交流が続く[4][5]日本興業銀行に入行し、調査課に勤務する。3年で退行し、日本女子大学に入学するが1年で肺結核となり、学業を断念[6]

大学を中退して静養ののち、創刊されたばかりの日本読書新聞に入社。編集部員大幅変更時、戦争末期の休刊時、戦後の復刊時と、常に編集部に所属した。

戦後、日本読書新聞でカットの仕事をしていた花森安治と知り合う。1946年、花森、鎭子・晴子・芳子の三姉妹と(後に晴子と結婚する)横山啓一で『衣装研究所』を銀座で設立して社長となり、雑誌『スタイルブック』を創刊。1948年には花森編集長の元で『美しい暮しの手帖』(後の『暮しの手帖』)の創刊に参加。1951年、社名を現在の暮しの手帖社と変える。

1969年から長年にわたってエッセイ『すてきなあなたに』を同誌に連載。同エッセイにより1994年、「戦後の一般の人の暮しを豊かにした」として[2]第10回東京都文化賞を受賞した。1978年の花森の死去を受けて編集長となる。2004年に横山泰子(長妹である晴子の息子の妻)[7]に社長を譲り社主となる。

2013年3月23日午前8時37分、肺炎のため東京都品川区の自宅で死去[8]。93歳没。

2016年度(平成28年度)前期放送のNHK連続テレビ小説とと姉ちゃん』は、大橋らをモデルとして『暮しの手帖』の創業の軌跡を描くフィクション作品として制作された[9]。大橋がモデルのヒロイン小橋常子を高畑充希が演じている。

著書[ソースを編集]

  • すてきなあなたに 1 - 5(編著、1975年 - 2006年、暮しの手帖社)
  • 「暮しの手帖」とわたし (2010年、暮しの手帖社)

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 大橋 2010, p. 34-37.
  2. ^ a b VITALITEインタビュー すてきな暮しをあなたに 暮しの手帖社社長大橋鎭子、東機貿『VITALITE』Vol.13、SEPTEMBER 1994。
  3. ^ 大橋 2010, p. 47-49.
  4. ^ 石井好子エッセイ「パリの空の下オムレツのにおいは流れる」『一冊の本』(扇谷正造、PHP研究所, 1976)収録
  5. ^ 大橋 2010, pp. 6-11石井好子による序文「先輩のこと」より。
  6. ^ 大橋 2010, pp. 66-68.
  7. ^ 大橋 2010, pp. 220-223横山泰子によるあとがき「今日も鎭子さんは出社です」より。
  8. ^ 大橋鎮子さんが死去 「暮しの手帖」社主 47news 2013年4月1日
  9. ^ 来春朝ドラは「暮しの手帖」創業者の軌跡モチーフ(2015年6月26日)、日刊スポーツ、2015年6月26日閲覧。

参考文献[ソースを編集]

  • 大橋, 鎭子 『「暮しの手帖」とわたし』 暮しの手帖社、2010年ISBN 978-4-7660-0165-5

外部リンク[ソースを編集]