大橋仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大橋 仁(おおはし じん、1972年 - )は、日本写真家である。

神奈川県相模原市出身。20歳の時にキヤノン写真新世紀公募展にて優秀賞を受賞、荒木経惟に絶賛されてから現在まで、レミオロメンゆず平井堅、など数々のアーティストのCDのジャケット撮影や、福山雅治吉井ロビンソン斉藤和義SOPHIAのプロモーションビデオのディレクションなど、多数手がける。その他、CM、雑誌、広告、映画監督など、その活動は幅広い。

1999年に出版された写真集『目のまえのつづき』[1](青幻舎)は義父の自殺未遂現場などを撮影し、荒木経惟をして「凄絶ナリ」と唸らせた。続いて2005年に幼稚園の四季を撮影した写真集『いま』(青幻舎)、2012年に無人島での男女300人の絡みを撮影した写真集『そこにすわろうとおもう』(赤々舎)を発売した。

作品[編集]

写真集[編集]

エディトリアル[編集]

広告[編集]

  • 『NIKE』ランニングキャンペーン(2000年)
  • 『ユニクロ』TVCF、BMX・ベーシスト(2002年)
  • 『adidas』石井一久中田浩二2003年
  • 『資生堂ウーノ』(2005年)
  • 『サッポロドラフトワン』(2005年) ほか多数

CDジャケット・PV[編集]

  • Mr.Children『口笛』CDジャケット(2000年 トイズファクトリー
  • Mr.Children 2001年ツアーパンフレット(2001年
  • 小日向しえ『花摘み』PV(2001年 日本ビクター
  • SOPHIA『Thank you』PV(2001年 トイズファクトリー)
  • 斉藤和義『真夜中のプール』PV、CDジャケット(2004年)
  • 福山雅治『虹』PV(2004年)
  • 吉井ロビンソン『20GO』PV(2005年)
  • レミオロメン CDジャケット
  • ゆず CDジャケット
  • 平井堅 CDジャケット ほか多数

その他[編集]

  • 映画『世界の終わりという名の雑貨店』映画監督(2001年 松竹
  • WOWOW 映像作品『まぶだちの女』(監督/松尾スズキ)撮影監督(2003年)
  • 映画『東京オアシス』撮影(2011年、スールキートス

脚注[編集]

  1. ^ ちなみに、MANGAHEADの『デビルマン黙示録 SOUND EDITION』の1曲目は、同写真集をリスペクトした曲である。

外部リンク[編集]