大家さんと僕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大家さんと僕
漫画
作者 矢部太郎
出版社 新潮社
掲載誌 小説新潮
発表号 2016年4月号 - 2017年6月号
巻数 全1巻
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

大家さんと僕』は矢部太郎による日本の漫画。主人公の「僕」と老女の「大家さん」の交流を描いた8コマストーリー作品[1][2]。第22回手塚治虫文化賞短編賞を受賞。

続編『大家さんと僕 これから』、番外編『「大家さんと僕」と僕』が刊行されている。

矢部は、本作について、フィクションであり、大家さんは「僕自身が接し、話し、見ていた大家さんからイメージして作り上げたキャラクター」と説明している[3]

執筆の経緯[編集]

矢部が「大家さん」と京王プラザホテルでお茶していたときに、以前から知り合いだった漫画原作者の倉科遼に声をかけられる。二人に興味を持った倉科は映画や舞台の脚本にしたいと矢部にエピソード提供を依頼。後日、矢部が絵コンテにして持って行ったところ、漫画として発表することを勧められる[4]。その後「小説新潮」に2016年4月号から2017年6月号まで連載された[5]

作画はデジタルで、連載中にペンタブレットから液晶タブレット、iPadに移行した[6]

刊行と反響[編集]

2017年10月、書き下ろし50ページを加えた単行本が刊行。あえて帯に矢部の写真やコンビ名を入れないという戦略をとったが[7]、12月には15万部を超えるベストセラーとなる[2]。翌年の2018年初頭には20万部を突破[5]

2018年5月、第22回手塚治虫文化賞短編賞を受賞。漫画家ではないお笑い芸人初の受賞となった。その後も版を重ね、2019年6月21日時点で78万4000部の売り上げとなった[5]

矢部は続きを描くつもりはなかったが、先輩芸人の博多大吉から「続編描かないの?」と聞かれたこと、当時入院中の「大家さん」に喜んでほしいという思いから、2018年5月、週刊新潮で連載を再開。2018年8月、大家さんが死去[8][9]。 一時連載が中断したが、2018年11月15日発売号から連載再開[10]

2019年6月26日番外編『「大家さんと僕」と僕』が発売。7月25日、連載をまとめた続編『大家さんと僕 これから』が刊行された。

書誌情報[編集]

新潮社より刊行。

  • 『大家さんと僕』2017年10月31日発売 ISBN 978-4103512110
  • 『大家さんと僕 これから』2019年7月25日発売 ISBN 978-4103512134
    • 『「大家さんと僕」と僕』2019年6月26日発売 ISBN 978-4103512127
    • デビュー作がベストセラーになったあとの顛末を書き下ろした漫画の他、著名人からのメッセージやイラストを収録した番外編。電子書籍版は発売されていない。

テレビアニメ[編集]

NHK総合テレビで2020年3月2日から6日まで5夜連続で5分のショートアニメとして放送された[11]。2020年6月8日から12日に新作の5話が放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

各話リスト[編集]

放送時間は午後11時45分から。2020年3月7日午後3時5分から全5話一挙放送が行われた。新作の5話は午後11:40から11:45。

話数 サブタイトル 放送日
第1話 おかえりなさい 3月2日
第2話 おひとり暮らし 3月3日
第3話 大家さんの部屋 3月4日
第4話 ライトとおやき 3月5日
第5話 おすそわけ 3月6日
第6話 うどんとホタル 6月8日
第7話 初めてのケンカ 6月9日
第8話 誕生日のサプライズ 6月10日
第9話 新宿ランデブー 6月11日
第10話 僕の悩み 6月12日

脚注[編集]

  1. ^ カラテカ矢部がマンガ連載、おばあちゃんとの交流描くほのぼのコメディ”. コミックナタリー (2016年3月22日). 2020年3月7日閲覧。
  2. ^ a b ラリー遠田 (2017年12月24日). “「ほのぼの8コマ漫画」が15万部のヒット作となったワケ『大家さんと僕』矢部太郎に訊いてみた”. 現代ビジネス. 2020年3月7日閲覧。
  3. ^ 矢部太郎『大家さんと僕 これから』”. 新潮社. 2020年3月7日閲覧。
  4. ^ 「大家さんと僕」は表紙で揉めた!? 編集者も腰を抜かした、カラテカ矢部の才能とほっこり裏話(1/3)”. AdverTimes(アドタイ) by 宣伝会議 (2018年7月30日). 2020年3月7日閲覧。
  5. ^ a b c 78万部超ベストセラーの続編 矢部太郎『大家さんと僕 これから』7月25日発売決定!”. 新潮社 (2019年6月21日). 2020年3月7日閲覧。
  6. ^ 【あの人の愛用品】お笑い芸人・矢部太郎さんのiPad”. @DIME. 2020年3月7日閲覧。
  7. ^ 「大家さんと僕」は表紙で揉めた!? 編集者も腰を抜かした、カラテカ矢部の才能とほっこり裏話(3/3)”. AdverTimes(アドタイ) by 宣伝会議 (2018年7月30日). 2020年3月7日閲覧。
  8. ^ 『大家さんと僕 これから』を読む前に読む、矢部太郎さんインタビュー!「もう描けないかなと思っていた」”. ダ・ヴィンチニュース (2019年8月1日). 2020年3月13日閲覧。
  9. ^ 矢部太郎 カラテカ@tarouyabeのツイート
  10. ^ 「大家さんと僕」連載再開! 大家さんを8月に亡くした矢部太郎「描くことで大家さんとまた会えたらいいな」”. デイリー新潮 (2018年11月14日). 2020年3月22日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i 総合テレビでアニメ化決定!大家さんと僕”. NHKオンライン (2020年2月21日). 2020年3月22日閲覧。

外部リンク[編集]