大坪喜久太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大坪 喜久太郎(おおつぼ きくたろう、1898年(明治31年)3月1日 - 1967年(昭和42年)11月23日)は、日本工学者官僚工学博士室蘭工業大学学長北海道大学・室蘭工業大学名誉教授。専門は、水理工学河川工学富山県出身。

略歴[編集]

1922年(大正11年)九州帝國大學工学部土木工学科を卒業し、九州帝國大學工学部助教授1942年(昭和17年)北海道帝國大學工学部教授(水理工学・河川工学講座を担当)。1946年(昭和21年)同工学部長。その後、日本学術会議会員1960年(昭和35年)北海道大学退官。同名誉教授。室蘭工業大学3代学長に就任。

1967年(昭和42年)に同学長在職中に逝去。同名誉教授。

研究[編集]

河川水理学の権威で北海道開発における技術的指導者であった。

受賞歴[編集]

  • 土木学会賞 1939年(昭和14年)

著書[編集]

  • 『模型實驗 : 石狩川生振捷路に就いて』(北海道廳札幌治水事務所, 1934年)
  • 『十勝總合開發に就いて』(十勝總合開發促進期成會, 1953年)
  • 『大坪喜久太郎博士論文集』(大坪喜久太郎博士記念論文集刊行会, 1963年)

などがある。

参考文献[編集]