田頭博昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田頭 博昭(たがしら ひろあき、1933年(昭和8年) - )は、日本工学者工学博士。元室蘭工業大学学長北海道大学名誉教授北海道島牧村出身。

略歴[編集]

1958年(昭和33年)北海道大学工学部卒業。リバプール大学大学院工学研究科博士課程修了。1962年(昭和37年)北海道大学工学部助教授1973年(昭和48年)同工学部教授1996年(平成8年)北海道大学退官。同名誉教授。北海道工業大学工学部教授。1997年(平成9年)室蘭工業大学理事・室蘭工業大学11代学長に就任。2006年室蘭工業大学退官。

研究領域[編集]

電気工学を専門とし、プラズマプロセス用プラズマペーパーミスト誘電体による高電圧絶縁、極低温液体による電気絶縁を研究。

著書[編集]

  • 坂本三郎と共著『新高電圧工学(朝倉電気工学講座21)』(朝倉書店, 1974年)

などがある。

参考文献[編集]