井口鹿象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井口 鹿象(いぐち しかぞう、1887年7月8日 - 1956年3月13日)は日本の工学者官僚工学博士(東京帝国大学)。室蘭工業大学初代学長北海道大学・室蘭工業大学名誉教授。専門は、水工学・河川工学

略歴[編集]

静岡県出身。1915年東京帝國大學工学部土木工学科を卒業し、内務省に入省。同内務部土木課長。1930年北海道帝國大學工学部教授(水工学・河川工学講座を担当)。1931年より2年間に留学。1942年同工学部長。1948年北海道大学退官。同名誉教授。室蘭工業専門学校校長に就任。1949年室蘭工業大学初代学長に就任。 1956年に同学長在職中に逝去。同名誉教授。

性格は几帳面で責任感が強かったといい、それがもとで亡くなったという。1956年4月17日に室蘭工業大学にて大学葬を執り行った。

栄典[編集]

受賞歴[編集]

  • 土木学会賞
    • 北海道大学で初受賞となった。

著書[編集]

  • 『黄河に就て(滿蒙研究資料 ; 第20號)』(北海道帝國大學滿蒙研究會, 1925年)

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5427号「叙任及辞令」1945年2月19日。