大十バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大十バス株式会社
DAIJYU-BUS
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
640-1121
和歌山県海草郡紀美野町下佐々1037番地
設立 2004年4月
業種 陸運業
法人番号 6170001005967
事業内容 路線バス事業、観光バス事業、国内旅行取り扱い
代表者 代表取締役社長 畠山博充
従業員数 40名(平成18年4月現在)
主要株主 大十株式会社 100%
外部リンク http://www.daijyu-bus.co.jp/
テンプレートを表示
大十オレンジバス(路線バス)
本社(旧・野上電鉄登山口駅跡)
ふれあい号(2007年3月)
2007年まで運行していた海南市定期観光周遊バス

大十バス株式会社(だいじゅうバス)は、和歌山県バス事業者。運送会社大十株式会社の子会社で、一般には大十オレンジバスと呼ばれている。

路線[編集]

海南市および海草郡紀美野町を中心に路線バスコミュニティバスを運行している。詳細は大十バス公式サイト内「路線バス案内」および各コミュニティバスのページを参照。

一般路線[編集]

オレンジバス
  • 海南駅前 - 登山口(紀美野町・生石高原
    • かつての野上電気鉄道線の代替バスとして最も本数が多い。地域間幹線系統として、国・和歌山県の補助を受ける。
  • 和歌山市駅 - 海南駅前 - 登山口(平日のみ運行)
    • 上記路線を延長したもの。
  • 登山口 - 美里の湯 - たまゆらの里(日・祝日・年末年始のみ運行)
    • 平日および土曜日は下記コミュニティバス「ふれあい号」の高野線で代替。2017年4月1日、終点を「谷口」から「たまゆらの里」に変更。
高野マリンライナー

コミュニティバス[編集]

かつて運行していた路線・その他[編集]

観光バス事業[編集]

観光バス事業も行っている。詳細は大十バス公式サイト内「観光バス案内」を参照。

歴史[編集]

  • 1994年(平成6年)4月:廃業した野上電気鉄道のバス事業を譲り受け、大十株式会社直営で営業を開始。
  • 1996年(平成8年)9月:観光バス事業を開始。
  • 1997年(平成9年)4月:海南市りんかんコミュニティバス運行開始。
  • 1999年(平成11年)7月:高野マリンライナー運行開始。
  • 1999年(平成11年)9月:野上町(現・紀美野町)コミュニティバス「(旧)ふれあい号」運行開始。
  • 2001年(平成13年)3月:登山口 - 和歌山マリーナシティ - USJ線を運行開始(11月に撤退)。
  • 2001年(平成13年)9月:美里町(現・紀美野町)コミュニティバス「愛あい号」運行開始。
  • 2004年(平成16年)4月:分社化により大十バス株式会社となる。
  • 2006年(平成18年)4月1日:同年1月に発足した紀美野町域で路線変更。大十バス路線の一部を、紀美野町が運行するコミュニティバス「(新)ふれあい号」へ移行。
  • 2006年(平成18年)4月3日貴志駅 - 登山口線を運行開始。
  • 2007年(平成19年)4月1日:登山口 - 小川宮線を廃止。
  • 2008年(平成20年)4月1日:貴志駅 - 登山口線を廃止。

車両[編集]

2007年3月31日現在、路線バスとしては19台の車両を保有する。うちノンステップバスは2台[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 和歌山県内のバスの状況(平成19年3月31日現在) (PDF) (和歌山県企画部地域振興局総合交通政策課)

外部リンク[編集]