増田成幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
増田 成幸
Nariyuki Masuda
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
本名 増田成幸
ますだ なりゆき
Nariyuki MAsuna
愛称 ますP
不死鳥
生年月日 (1983-10-23) 1983年10月23日(35歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 176cm
体重 63kg
チーム情報
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 オールラウンダー
プロ所属チーム
2006-2007
2008-2009
2010
2011-2012
2013

2014-
チームミヤタ
エキップアサダ
チームNIPPO
宇都宮ブリッツェン
キャノンデール・プロサイクリング
宇都宮ブリッツェン
グランツール最高成績
最終更新日
2018年5月21日

増田 成幸(ますだ なりゆき、1983年10月23日 - )は、宮城県仙台市出身の自転車競技ロードレース)選手。

人物概要[編集]

大学は、かねてから興味のあった航空宇宙のことを学ぶために日本大学にした。入学後に「自転車以外になにか熱くなることをやりたい」と鳥人間コンテスト出場を目的としていたサークルに加入。そのトレーニングとして実家に合った自転車を引っ張り出して自転車に乗り始めた。ロングライドやヒルクライムなどのレースに出場しているうちに「自分は自転車が好きだ」ということに気づき、「やはり自転車の道で生きていきたい」と思ったが、アマチュアの大会で結果が出せずプロチームからは声がかからなかった。2005年のジャパンカップオープンレースで2位に入り、栗村修に声をかけてもらい、自転車人生が始まった[1]

2011年シーズンのブリッツェン加入は、前年に選手生命が危ぶまれる大ケガで入院している病院で、当時のブリッツェン栗村修監督より勧誘された。ケガをする前は海外で戦いたいという思いもあったが、海外で無理するのでなく、一からレースをという気持ちで加入を決めた[1]

2013年シーズンでは海外チームに移籍したが、当時は欧州の自転車界でドーピングスキャンダルが起きた。失望感が大きく引退も考えたが、栗村修へ相談したのをきっかけにクリーンな日本でもう一度走ってみよう、ブリッツェンに戻って走ってみたいと決意した[1]

2017年4月にバセドウ病に羅漢が判明し病名発表時に「神が与えた試練」と語り、その後の雑誌のインタビューでは「この試練を自転車選手としてだけでなく、一人の人間として成長につなげていけたらと思っている」と語った。ベスト体重は62kgぐらいだがバセドウ病は病勢が進むと新陳代謝が活発になるので一時58kgまで低下し治療の結果63kgまで戻った。チームの全面的なサポートのもと9月にレース復帰した[2]

2018年、チームのキャプテンに就任。国内や海外で経験を積んできて選手として成熟していると感じていたのでキャプテンをやってもいいという準備はできていた。先頭に立ってチームを引っ張るのではなく、ベテランから中堅・若手がいるチーム内で誰でも自由に議論のできる後方で船の舵取りのような役割ができればと考えている[2]

全日本選手権で優勝することを毎年一番の目標としている[2]

来歴[編集]

日本大学理工学部航空宇宙工学[1]時代、人力飛行機のパイロットとして、2005年に飛行距離、滞空時間の日本記録を樹立[3]。また同校在籍中に、チームミヤタと契約を結んで自転車選手としての活動も行っていた。大学卒業後、自転車選手としての活動に専念。

2005年

  • ジャパンカップ オープンレース 2位[1]

2008年

2010年

  • 秋、人力飛行機の飛行距離の当時の世界記録である120キロに挑戦したが、50キロ弱付近で主翼が破断し、海面までの数メートルを落下した後墜落。腰椎圧迫骨折の重傷を負った[4]
  • 大門宏監督率いるチームNIPPOに移籍。

2011年

2012年

2013年

  • キャノンデール・プロサイクリングへ移籍
  • 全日本自転車選手権・ロードレース 3位[1]

2014年

2015年

  • 6月28日 全日本自転車選手権・ロードレース 3位[1]

2016年

  • 6月26日 全日本自転車選手権・ロードレース 5位[1]
  • 7月2日 JPT第8戦 JBCF西日本ロードクラシック広島大会 DAY-1 優勝[1]
  • 8月6日 JPT第12戦 JBCFみやだ高原ヒルクライム 優勝[1]
  • 9月3日 ツール・ド・北海道2016 個人総合時間 優勝[7][1]
  • 9月25日 JPT第18戦 JBCFまえばし赤城山ヒルクライム 3位[8]
  • 11月13日 ツール・ド・おきなわ 優勝[1]
  • 10月30日 JPT第23戦 JBCFおおいたサイクルロードレース 優勝[1]
  • JPT個人総合 2位[1]

2017年

  • 5月18日 3月に体重減少などの不調が顕著になり、4月に精密検査を受けた結果[9]バセドウ病を患っており、当面はレースを欠場し治療に専念すると記者会見で発表[10]
  • 7月29日 JPT第12戦 大田原クリテリウムにゲスト解説者として参加[11]
  • 8月22日 9月3日の渡良瀬TTに出場すると発表。バセドウ病の影響で骨粗しょう症も抱えるので、落車のリスクが比較的少ないタイムトライアルを復帰戦に選んだ[12]
  • 9月3日 JPT第14戦 JBCFタイムトライアルチャンピオンシップ 4位[13]
  • 9月8日 ツール・ド・北海道2017 第1ステージ2度目の山岳ポイントからの下りで単独落車し鎖骨骨折のためリタイア[14]
  • 10月22日 ジャパンカップサイクルロードレース 鎖骨骨折は回復したがバセドウ病の病勢の影響で呼吸と心拍が辛くチームのアシストに徹しDNF[2]
  • 11月12日 ツール・ド・おきなわ2017 チーム最高の15位[2]

2018年

  • キャプテンに就任[2]
  • 5月13日 JPT第8戦 第2回JBCF宇都宮ロードレース 優勝[15]

脚注[編集]

出典・参考文献[編集]

  • 増田成幸 - サイクリングアーカイヴス(英語)
  • SPRIDE vol.10 2017年5月号 (下野新聞社発行) P4-11
  • SPRIDE vol.13 2017年8月号 (下野新聞社発行) P32
  • SPRIDE vol.19 2018年3月号 (下野新聞社発行) P28-31

外部リンク[編集]