坂本敏夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂本 敏夫(さかもと としお、1947年 - )は、日本ノンフィクション作家、元刑務官(最終階級:矯正副長)。

来歴[編集]

熊本県生まれ[1]。広島県広島基町高等学校(現・広島市立基町高等学校)卒業[2]法政大学法学部中退[2]。坂本の父と祖父も刑務官で、刑務所や拘置所の近くにある官舎で育ち、自らも19歳で刑務官になった[1]。元々は教師志望だったが、父の死去により家計を支えるために大学を中退して刑務官となった。

1967年1月、大阪刑務所の看守を最初に神戸刑務所・大阪刑務所係長を務めた。その後、法務本省事務官、東京矯正管区専門官、長野刑務所・東京拘置所・甲府刑務所・黒羽刑務所で課長を務める。1994年3月、広島拘置所総務部長を最後に退職した。映画『刑務所の中』『13階段』で、矯正施設関係の助言をする。

2010年東京拘置所死刑場がメディアに公開されたのを機に、『実録死刑囚』ミリオン出版刊にて2011年から死刑反対を表明した。

1923年関東大震災発生時に横浜刑務所の典獄(刑務所長)だった椎名通蔵に対して自分の職業の先輩としての誇りを感じ[1]、椎名の子孫への聞き取りを重ね、自身初の小説『典獄と934人のメロス』を著した。

著作[編集]

  • 『元刑務官が語る刑務所』三一書房、1997年
  • 『死刑執行人の記録』光人社、1998年
  • 『刑務所(ムショ)のすべて』日本文芸社、2001年
  • 『女子刑務所のすべて』日本文芸社、2002年
  • 『実録 死刑と懲役 - 刑務所の中の真実』ぴいぷる社、2003年
  • 『死刑はいかに執行されるか』日本文芸社、2003年
  • 『刑務官』新潮社、2003年
  • 『死刑のすべて』文藝春秋、2006年
  • 『死刑と無期懲役』筑摩書房、2010年
  • 『死刑執行命令』日本文芸社、2010年

テレビドラマ監修[編集]

  • モリのアサガオ2010年、テレビ東京)刑務監修
    ドラマに先駆けて『実録 死刑囚と刑務官〜死刑執行・最期の5日間〜』が坂本解説のもと(再現ドラマでは当時の坂本刑務官役に小籔千豊)放送された。
  • 相棒 Season 9 第15話「もがり笛」(2011年2月16日、テレビ朝日 / 東映) 刑務所監修

出演[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c ひと 坂本敏夫さん=元刑務官の作家、毎日新聞2016年2月25日 東京朝刊(文・小林多美子)。
  2. ^ a b プロフィール、坂本敏夫公式サイト。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]