休暇 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
休暇
監督 門井肇
脚本 佐向大
製作総指揮 小池和洋
出演者 小林薫
西島秀俊
大杉漣
柏原収史
菅田俊
大塚寧々
音楽 延近輝之
撮影 沖村志宏
編集 金子尚樹
製作会社 「休暇」製作委員会
配給 リトルバード
公開 日本の旗 2008年6月7日
上映時間 115分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

休暇』(きゅうか)は、門井肇監督による2008年日本のドラマ映画。

刑務官の平井は、シングルマザーの美香と結婚することになった。ある日、死刑囚である金田の執行命令が下る。支え役を務めれば一週間の休暇を与えられると知った平井は、究極の決断をするのだった。

キャスト[編集]

上記のほか、元刑務官で作家の坂本敏夫(配役・拘置所長)、山梨放送現職アナウンサーの酒井康宜(同・検察事務官)も出演した。

スタッフ[編集]

製作[編集]

吉村昭原作の同名の短篇小説を、前作『棚の隅』の映画化で成功を収めたプロデューサーの小池和洋が、小林薫に手紙でオファーして、快諾を受けて、映画化した作品。脇には、小池和洋が若いころから好きだった大塚寧々や前作に主演していたベテラン俳優大杉漣をキャスティング。撮影は、山梨県にて15日間で行われた。

評価[編集]

ヨコハマ映画祭で助演男優賞や第5回ドバイ国際映画祭コンペティション部門審査員特別賞など、数々の映画祭で評価される。

外部リンク[編集]