坂井遼太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂井 遼太郎(さかい りょうたろう、1985年5月4日 - )は、日本プロ野球審判員スポーツライター2011年のNPB審判部統合まではセントラル・リーグ関西審判部に所属。審判員袖番号は2016年から退職まで「12」(2012年 - 2015年は52。それ以前は12)。大阪府出身。

来歴・人物[編集]

金光大阪高等学校卒業後、ジム・エバンス審判学校での研修を経て2007年にセ・リーグ審判員となる。

2010年8月に初めて一軍戦のジャッジを務めたが、一軍試合3戦目となる同年8月15日阪神タイガース東京ヤクルトスワローズ第17回戦(京セラドーム大阪)の2回裏、阪神・金本知憲が放った打球はドーム天井の「スーパーリング」に当たり、フェアグラウンドに落下した。一塁塁審を務めた坂井はこれを「ファウル」と判定したが、京セラドームでの「グラウンドルール」では「インプレー」とされていた。審判団が協議した結果ジャッジどおり「ファウル」としたが、その後金本はその打席で本塁打を放っている。このジャッジに対し日本プロ野球機構加藤良三コミッショナーは翌16日、坂井に「厳重戒告」と「当該試合出場手当(24,000円)の50%減額」を課した。またこの試合の他の審判員(嶋田哲也谷博友寄正人)については「グラウンドルールの確認を怠った」として注意処分とした。さらに監督責任を問われる形で井野修審判部長、前川芳男審判部特命顧問も注意処分を受ける異例の事態となった。しかし、その反省を踏まえて2軍試合(ウエスタン・リーグ)を中心に徐々に出場試合も増えてきている。また、卍で有名な敷田直人審判に酷似している見逃し三振ジェスチャーを行うようになった。

アメリカの審判学校に行った際、ヒッチハイクで行った逸話もある。アメリカからの帰国後、映画『舞妓Haaaan!!!』に審判役として出演している。

2017年、オールスターゲーム初出場[1]

2018年シーズン限りで、本人の申し出で裸眼視力の低下により審判活動に著しい支障が生じるとして退職した。なお、退職は審判部サイドからの解雇ではなく、実際には坂井の裸眼視力が2014年シーズンのキャンプ頃から著しく低下しており、試合を裁く上で極めて不備が生じることから、自ら申し出ての円満退職と言う形になった。

現在は、兼ねてから興味があったと言うスポーツライターに転職し、2019年4月からスポーツインターネットメディア「スポーツブル」を運営する株式会社運動通信社の編成部に勤めて執筆活動を行っている[2]

審判出場記録[編集]

  • 初出場:2010年8月13日、阪神対ヤクルト15回戦(京セラドーム大阪)、二塁塁審。
  • 出場試合数:350試合
  • オールスター出場:1回(2017年
  • 日本シリーズ出場:なし

記録は2018年シーズン終了時のものである。

表彰[編集]

  • ウエスタン・リーグ優秀審判員:2回 (2009年、2012年)

(記録は2018年シーズン終了時)

脚注[編集]

  1. ^ 2017年度マイナビオールスターゲーム 試合結果(第1戦) - 日本野球機構公式サイト(2017年7月15日閲覧)
  2. ^ 坂井遼太郎 株式会社運動通信社”. Eight プロフィール. 2020年1月30日閲覧。

外部リンク[編集]