国民体育大会セーリング競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ここでは国民体育大会(以後、『国体』と表記)で行われるセーリング競技の種目、および競技方式を解説する。

歴史[編集]

国体のセーリング競技は第1回大会からの種目で、当時はヨット競技という名称だったが第55回大会富山国体(01年)からセーリング競技へ名称を変更した。

競技種目[編集]

国体で行われる種目は、ヨットの種類・成年男子・成年女子・少年男子・少年女子で分けられており、現在計10種目。国体で使用される船はセーリングディンギーとよばれる小型艇である。ここでの分類はヨットの種類での分類で解説する。

470級[編集]

470級は3枚帆のプレーニングタイプの高速高性能艇を使用する競技。470級は成年男子のみ行われるクラスである。 オリンピックセーリング競技にも採用されている種目であるため、大学生・実業団・一般などで急速に普及してきた種目である。1996年アトランタ五輪では日本女子が銀メダル、2004年アテネ五輪で日本男子が銅メダルを獲得しており、日本人向きのクラスであるといわれている。

船の概要
全長4.70m. 幅1.68m. 帆面積26.60m2 乗員2名

セーリングスピリッツ級[編集]

セーリングスピリッツ級は成年女子で行われるクラス。宮崎国体(01年)から取り入れられたクラスで、当時は成年女子のみ行われるクラスだったが秋田国体(07年)から少年男子・少年女子でも行われるようになった。ちなみに二人乗り種目である。 現在は、成年女子のみとなっている。

船の概要
全長4.30m. 幅1.74m. 帆面積22.5m2 乗員2名

シーホッパー級スモールリグ[編集]

シーホッパー級SRは成年女子・少年男子・少年女子で行われるクラス。国内で普及している1人乗りクラスの一つである。スモールリグ=SR、SRとは『小さい艤装品』 福岡国体(90年)から取り入れられたクラスで、初心者・ジュニア・女性などに広く普及している。※現在は、レーザーラジアル級に変更されている。

また一流セーラーにも強風下での練習用として使用されている。

船の概要
全長4.24m. 幅1.44m. 帆面積6.40m2 乗員1名

シングルハンダー級[編集]

シングルハンダー級は成年男子でのみ行われるクラス。神奈川国体(98年)から取り入れられたクラスで一人乗り種目の一つである。 国内で最も普及しているシーホッパークラスとレーザークラスが同時に競技するクラスで、二種類の船が同時にレースをする唯一のクラス。

シーホッパー級の概要
全長4.24m. 幅1.44m. 帆面積7.70m2 乗員1名
レーザー級の概要
全長4.23m. 幅1.37m. 帆面積7.06m2 乗員1名

ウィンドサーフィン級[編集]

ウィンドサーフィン級は成年男子・成年女子で行われるクラス。愛知国体(94年)から正式種目になったクラスで、セーリング種目の中で一番体力が必要な種目である。なお、一番スピードの出る種目でもある。

船の概要
全長3.60m.~3.84m. 幅0.675m. 帆面積7.50m2以下 乗員1名

廃止された競技種目[編集]

FJ級[編集]

FJ級は3枚帆のセンターボート艇を使用するクラスで、少年男子・少年女子で行われていた。兵庫国体(06年)を最後に廃止され、かわりにセーリングスピリッツ級に少年男子・少年女子が加えられた。このクラスは470級を小型にしたような艇であるが艇の底部分が丸くお椀型で、主に高校生に使用されている。現在国体では、420級が採用されている。

船の概要
全長4.03m. 幅1.48m. 帆面積16.30m2

競技方式[編集]

国体のセーリング競技では、フリートレース方式を採用している。フリートレース方式とは、多数のヨットが同時にスタートし、海上に設置してあるマークブイに決められた順番で到達し、ゴール地点にいかに早く到着するかを競う競技である。順位、および成績決定方法は成立したレースにおける得点合計がより少ない艇を上位とし、さらに獲得得点に各種目ごとの順位得点を加えて、再算出した得点の合計が少ない艇を上位とする。一種目のレース回数は大会によって変わるが、近年の大会では5回行われる傾向である。ただし海の状態によってはレースが中止になる場合が多いため、1レースでも成立していれば、それまで行われたレース結果を最終成績としている。

歴代優勝者および県[編集]

470級[編集]

年度 優勝者 都道府県 得点 備考
19??年~1998年
1999年 吉峰,山岡ペア 香川 9 第3~5レース中止
2000年 関,紙ペア 神奈川 5 第3~5レース中止
2001年 中村,山近ペア 山口 15 第5レース中止
2002年 三部,高村ペア 三重 8 第5レース中止
2003年 白石,柳川ペア 静岡 9
2004年 中村,山近ペア 山口 7 第4~7レース中止
2005年 中村,山近ペア 山口 17
2006年 松永,原口ペア 滋賀 11
2007年 前田,谷川ペア 福岡 12 第5レース中止
2008年 坂口,今村ペア 鹿児島 1 第2~5レース中止
2009年 高橋,杉浦ペア 愛知 20
2010年 市野,吉見ペア 和歌山 15
2011年

※詳細が不明なため、記載なしにする。

セーリングスピリッツ級[編集]

成年女子
年度 選手名 都道府県 回目※ 得点 備考
2001年 1 近藤,高須ペア 東京 1 3 第3~5レース中止
2002年 2 小森,岡崎ペア 高知 1 9 第4~5レース中止
2003年 3 川野,大熊ペア 岡山 1 13 第5レース中止
2004年 4 美里,中村ペア 山口 1 9 第3~7レース中止
2005年 5 重,松尾ペア 佐賀 1 9
2006年 6 近藤,鎌田ペア 東京 2 6
2007年 7 高橋,矢野ペア 山口 2 16
2008年 8 吉迫,大熊ペア 岡山 2 3 第3~5レース中止
2009年 9 吉迫,大熊ペア 岡山 3 4 第2レース途中棄権。
得点は除外得点を差し引いた得点。
2010年 10 近藤,庄崎ペア 東京 3 17
少年男子
年度 選手名 都道府県 回数※ 得点 備考
2007年 1 笠井,西尾ペア 兵庫 1 7 第5レース中止
2008年 2 植木,三代川ペア 千葉 1 1 第2~5レース中止
2009年 3 西尾,俣江ペア 兵庫 2 10
2010年 4 山口,磯崎ペア 福岡 1 4
少年女子
年度 選手名 都道府県 回数※ 得点 備考
2007年 1 前田,山岸ペア 石川 1 3 第5レース中止
2008年 2 桑江,高橋ペア 千葉 1 7 第4~5レース中止
2009年 3 豊田,安部ペア 大分 1 7
2010年 4 山口,白澤ペア 佐賀 1 13

※ 都道府県の通算優勝回数

シーホッパー級スモールリグ[編集]

成年女子
年度 選手名 都道府県 得点 備考
1990年1999年 1~10
2000年 11 勝馬 ゆみ子 京都 2 第3~5レース中止
2001年 12 勝馬 ゆみ子 京都 5 第3~5レース中止
2002年 13 名倉 海子 高知 3 第4~5レース中止
2003年 14 勝馬 ゆみ子 京都 13 第5レース中止
2004年 15 石川 あゆ美 岡山 9 第4~7レース中止
2005年 16 佐藤 麻衣子 愛知 26
2006年 17 佐藤 麻衣子 愛知 5
2007年 18 石川 あゆ美 岡山 21
2008年 19 蛭田 香名子 沖縄 9 第3~5レース中止
2009年 20 才木 雪代 山口 9
2010年 21 長谷川 哲子 愛知 12
少年男子
年度 選手名 都道府県 得点 備考
1990年1995年 1~6
1996年 7 沖西 祥宏 福岡
1997年1999年 8~10
2000年 11 小澤 真純
江川 雅也
神奈川
佐賀
13 第4~5レース中止
2001年 12 川田 貴章
原田 康幸
東京
佐賀
14 第5レース中止
2002年 13 田口 西 長崎 15 第5レース中止
2003年 14 安田 真之助 京都 14 第5レース中止
2004年 15 檜皮 昇太 広島 5 第4~7レース中止
2005年 16 吉永 弘斗 佐賀 12 第5レース中止
2006年 17 奥村 航 兵庫 9
2007年 18 野村 一真 佐賀 14 第5レース中止
2008年 19 南里 研二 佐賀 1 第2~5レース中止
2009年 20 南里 研二 佐賀 9
2010年 21 南里 研二 佐賀 6
少年女子
年度 選手名 都道府県 得点 備考
1990年1996年 1~7
1997年 8 近藤 愛 東京
1998年1999年 9~10
2000年 11 加賀谷菜美子 富山 3 第3~5レース中止
2001年 12 大原 知子 広島 4 第3~5レース中止
2002年 13 浜口 睦美 鳥取 14
2003年 14 川副 温子 佐賀 3 第4~5レース中止
2004年 15 伊藤 淳子 岐阜 19 第4~7レース中止
2005年 16 原田 小夜子 長崎 10 第5レース中止
2006年 17 三輪 郁加 山口 9
2007年 18 前川 優実 佐賀 12 第5レース中止
2008年 19 山口 優 佐賀 7 第4~5レース中止
2009年 20 多田 桃子 佐賀 6
2010年 21 多田 桃子 佐賀 7

シングルハンダー級[編集]

年度 選手名 都道府県 得点 備考
1998年 1
1999年 2 瀬戸口 輝 熊本 5 第3~5レース中止
2000年 3 瀬戸口 輝 熊本 6 第3~5レース中止
2001年 4 瀬戸口 輝 熊本 14 第5レース中止
2002年 5 飯島 洋一 埼玉 18 第5レース中止
2003年 6 永井 喜彰 愛知 17
2004年 7 岩本 直彦 愛媛 9 第4~7レース中止
2005年 8 三部 泰誠 三重 26
2006年 9 永井 久規 愛知 7
2007年 10 榮樂 洋光 鹿児島 22 第5レース中止
2008年 11 城 航太 東京 1 第2~5レース中止
2009年 12 永井 久規 愛知 10
2010年 13 永井 久規 愛知 9

※詳細が不明なため、記載なしにする。

ウィンドサーフィン級[編集]

成年男子
年度 選手名 都道府県 得点 備考
1994年1996年 1~3
1997年 4 見城 元一 山口
1998年 5 見城 元一 山口
1999年 6 井上 幾郎 神奈川 2 第3~5レース中止
2000年 7 上野 一也 宮城 7 第3~5レース中止
2001年 8 見城 元一 山口 2 第3~5レース中止
2002年 9 見城 元一 山口 8
2003年 10 宮本 直和 京都 10
2004年 11 見城 元一 山口 7 第4~7レース中止
2005年 12 富澤 慎 新潟 8 第5レース中止
2006年 13 藤井 哲生 愛知 8
2007年 14 富澤 慎 新潟 5 第5レース中止
2008年 15 重光 英孝 愛知 1 第2~5レース中止
2009年 16 富澤 慎 新潟 6
2010年 17 富澤 慎 新潟 7
成年女子
年度 選手名 都道府県 得点 備考
1994年1998年 1~5
1999年 6 三森 絵里 鹿児島 4 第3~5レース中止
2000年 7 小菅 寧子 富山 3 第3~5レース中止
2001年 8 三森 絵里 鹿児島 4 第3~5レース中止
2002年 9 小菅 寧子 富山 7
2003年 10 堀川 智江 神奈川 11
2004年 11 高木 未散 香川 4 第3~7レース中止
2005年 12 小菅 寧子 富山 8 第5レース中止
2006年 13 高木 未散 香川 11
2007年 14 見城 雅子 山口 12 第5レース中止
2008年 15 金井 由季 秋田 1 第2~5レース中止
2009年 16 小菅 寧子 新潟 7
2010年 17 小嶺 恵美 岐阜 8

※詳細が不明なため、記載なしにする。

FJ級[編集]

少年男子
年度 選手名 都道府県 得点 備考
19??年1987年
1989年 高木,? ペア 千葉
1998年 築山,稲葉ペア 佐賀 14
1999年 町山,吉野ペア
日江井,水谷ペア
神奈川
岐阜
10 第3~5レース中止
2000年 宮田,真伍ペア 静岡 13 第4~5レース中止
2001年 石川,天貝ペア 茨城 7 第5レース中止
2002年 高橋,菊地ペア 静岡 4 第5レース中止
2003年 國岡,竹田ペア 岡山 19 第5レース中止
2004年 堀内,小川原ペア 山梨 9 第4~5レース中止
2005年 齋藤,宮崎ペア 佐賀 5 第5レース中止
2006年 森本,舛添ペア 福岡 11
少年女子
年度 選手名 都道府県 得点 備考
19??年~1998年
1999年 松岡,菱田ペア 岐阜 5 第3~5レース中止
2000年 新井,由香ペア 福岡 2 第3~5レース中止
2001年 高橋,井口ペア 静岡 5 第3~5レース中止
2002年 疋田,倉内ペア 静岡 15
2003年 黒柳,濱本ペア 福岡 10 第4~5レース中止
2004年 大座,平松ペア 福岡 7 第4~5レース中止
2005年 福舘,東ペア 岩手 13 第5レース中止
2006年 高橋,津ケ谷ペア 静岡 7

※詳細が不明なため、記載なしにする。

総合優勝都道府県[編集]

セーリング競技男女総合優勝
年度 都道府県 ポイント
1946年1998年 1~53
1999年 54 福岡
佐賀
熊本
105
2000年 55 静岡 100
2001年 56 山口 100
2002年 57 静岡 110
2003年 58 静岡 102
2004年 59 神奈川 78
2005年 60 静岡 89
2006年 61 福岡 85
2007年 62 山口 80
2008年 63 千葉 93
2009年 64 佐賀 84
セーリング競技女子総合優勝
年度 都道府県 ポイント
1946年1998年 1~53
1999年 54 熊本 75
2000年 55 佐賀 65
2001年 56 山口 65
2002年 57 高知
京都
福島
50
2003年 58 静岡 62
2004年 59 岡山 43
2005年 60 岡山 47
2006年 61 山口 63
2007年 62 山口 52
2008年 63 千葉
東京
54
2009年 64 大分 49

※詳細が不明なため、記載なしにする。

参考文献など[編集]

  • 晴れの国岡山国体瀬戸内市牛窓実行委員会発行 第60回国民体育夏季大会セーリング競技
  • (財)日本体育協会

関連項目[編集]