唐仁古墳群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
100号墳(役所塚)

唐仁古墳群(とうじんこふんぐん)は、鹿児島県肝属郡東串良町にある古墳群。国の史跡に指定されている。

概要[編集]

東串良町の大塚原、新川西、大塚、唐仁地区に140基以上の古墳が点在する鹿児島県最大の古墳群である。宮崎県西都原古墳群肝付町塚崎古墳群大崎町横瀬古墳と関連のあるものと考えられているが、被葬者などの詳細は不明である。

最大の古墳は1号墳(唐仁大塚古墳)で、全長185メートル、高さ10.9メートル。墳丘部の土はめくれて竪穴式石室が露出しており、現在この古墳を神体とした大塚神社が鎮座している。

1934年に国の史跡に指定された。

外部リンク[編集]

座標: 北緯31度21分52.8秒 東経130度59分12.4秒 / 北緯31.364667度 東経130.986778度 / 31.364667; 130.986778