大塚初重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大塚 初重(おおつか はつしげ、1926年(大正15年)11月22日 - )は、日本考古学者明治大学名誉教授。主として弥生時代古墳時代を研究領域としている。

経歴[編集]

東京都生まれ。1945年(昭和20年)4月、海軍一等兵曹として乗艦し、2度東シナ海を漂流する戦争体験をもつ。敗戦時は上海の海軍第二気象隊。復員後、特許庁で働きながら明治大学文学部考古学専攻卒業。明治大学大学院文学研究科考古学専攻修士課程修了、1957年(昭和32年)、明治大学大学院文学研究科考古学専攻博士課程を修了、文学博士号を取得する。 長く明治大学教授をつとめ、文学部長や体育会硬式庭球部長にも就いた。登呂遺跡静岡県静岡市)や綿貫観音山古墳群馬県高崎市)など、多数の遺跡発掘調査を担当した。日本考古学協会会長、日本学術会議会員、山梨県立考古博物館館長(磯貝正義の後任)、千葉県文化財審議委員、成田市文化財審議委員などを歴任する。現在は成田市文化財審議委員会長を除き、職を去っているが、明治大学リバティーアカデミーで月2回の講演を引き受けているほか、カルチャーセンターや、全国の博物館などでの講演を行っている。また、2014年(平成26年)より淑徳大学人文学部歴史学科客員教授に就いている。

著書[編集]

  • 『弥生時代の考古学』学生社、1973年。
  • 『考古学による日本歴史12 芸術・学芸とあそび』雄山閣出版、1998年2月。ISBN 4-639-01497-X
  • 『考古学から見た日本人』青春出版社<青春新書INTELLIGENCE>、2007年1月。ISBN 4-413-04162-3

共著[編集]

共編著[編集]

対談[編集]